« しっかり生きてしっかり死ぬ~月刊デイVol119に載っていたものです(*^_^*)~ | トップページ

2010年1月24日 (日)

天声人語2010年1月17日(日)付 朝日新聞社

「15の春」といえば試練の代名詞であり、壁を越えた喜びを表す言葉でもある。生まれた子が少年少女になり、高校生や社会人として巣立っていく。それと同じ歳月が、阪神大震災の起きた日から流れた▼15年を機に「あしなが育英会」がまとめた冊子「遺児たちが語る、いまの思い」を読んだ。長くて短く、短くて長かったであろう、それぞれの来し方に胸が詰まる。今は男女2人の子に恵まれた岡田幸代さん(31)は、「この15年、どんだけ涙が出るのだろと思うほど泣いた」と書いていた▼川口綾香さん(27)も女の子をさずかった。しかし心の傷ゆえか、出産に臨んだ病院で「失うのが怖い」と口走っていたと、あとで看護師から聞かされた。「命あるものは死ぬ」という感覚が、今も強くあるという▼だが、それぞれの内には人への感謝が流れている。「独りじゃない」「忘れられていない」――そうして支えられてきた遺児は多い。遺児だけではない。人を励ますのは人なのだという確信は、あの震災を機に、災害列島の共有財産になっていった▼地球上で悲劇はやまず、今度はカリブ海の貧国ハイチを大地震が襲った。首都は壊滅し、死者は数万との情報もある。がれきの下で細くともる命の灯が、この瞬間にも消えていると思えばつらい▼神戸などでは、6434人の犠牲を悼みつつ、ハイチの苦難を思う一日となろう。地球という生き物の上で、誰もが災害と背中合わせに暮らしている。悲嘆の中に希望の灯を消さぬ英知と仕組みを、人類の共有財産にできないものか。


« しっかり生きてしっかり死ぬ~月刊デイVol119に載っていたものです(*^_^*)~ | トップページ

コメント

こんにちは。つどいでご一緒したごるごんです。つどいから帰って「あしなが」で検索してたらここについて、これってあのけいちゃんだ!と気づいてコメントしています。で、実は、ファシリ講座受ける前にも検索してこのブログ拝見したことがあるのを思い出しました。1日にお逢いする以前からお世話になってたのですね。ありがとうございました。また一緒になることもあると思うのでよろしくお願いします!

投稿: ごるごん | 2010年5月10日 (月) 午前 05時29分

おはようございます。
先日のつどいでは、大変お世話になりました。
ありがとうございました。
昨夜、家に帰ってきました。
これからも、お世話になります。どうか、仲良くお願いしますね。
追伸・・・コメント、消してしまいました。メールにお知らせがありましたので、コピーして載せましたが、日にちが編集できませんので変わってしまいました。ごめんなさい。

投稿: けいちゃん | 2010年5月10日 (月) 午前 05時36分

こんにちは~
お元気でご活躍だと思います。
また、ブログ、更新してくださいね♪

投稿: meat-pie | 2010年5月23日 (日) 午後 04時51分


諦めるもんじゃないね、人生何事もさ。
http://9v8w55x.das.murapon.net/
↑余裕で魔法使いだった私も卒業できたからね。
いい体験だったし、自分に自信もつけられたよ。

投稿: 凄い!!どんどん奥まで・・・ | 2011年1月 4日 (火) 午後 05時57分

People deserve wealthy life and mortgage loans or just bank loan can make it better. Because people's freedom depends on money.

投稿: MableHorne33 | 2012年3月24日 (土) 午後 03時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260534/33104342

この記事へのトラックバック一覧です: 天声人語2010年1月17日(日)付 朝日新聞社:

« しっかり生きてしっかり死ぬ~月刊デイVol119に載っていたものです(*^_^*)~ | トップページ