« 社会のために尽くす~中国古典の知恵に学ぶ菜根譚・前集93~ | トップページ | 精神対話士けいちゃん あしなが育英会神戸レインボーハウス「遺児の心のケア講習会」を無事に終え帰ってきました(^o^) »

2009年2月13日 (金)

神戸レインボーハウス「遺児の心のケア」ボランティア募集

先日、あしなが育英会のホームページを見ますと、神戸レインボーハウスとあしながレインボーハウスで、「遺児の心のケア」ボランティア募集の記事をみて、神戸レインボーハウスにお電話をして、資料を送って頂きました。広島からと遠いのですが、「遺児の心のケア講習会」に参加したいと思います。

精神対話士の活動としてではないが、勉強になります。もし、ボランティアで参加しますと、色々の行事にも参加するのですが、遺児たちと心の交流をすることは、精神対話士の研修以上に勉強になり今後に繋がっていくと思います。プログラムを見ただけでもすばらしい心のケアだとわかりました。

以前にも書いたことがありますが、精神対話士は、仕事の依頼が来て業務に就くのですが、常日頃から色々の活動や講演などを自分から飛び込んで参加して実践を磨いて置く必要がある。単に(財)メンタルケア協会の研修を受けるだけでは、机の上での勉強、知識にすぎない。それも大切であるが、実践の心のケアの活動を色々な所で行い、自分の持っている資格を生かす事が大切だと思う。そのことが、将来にわたってより良い方向にいくのだと思う。

Dscn4714 写真は、送って頂いた「遺児の心のケア講習会」申込書。

神戸レインボーハウス「遺児の心のケア」ボランティア募集

 神戸レインボーハウスでは、09年度の心のケアボランティアを新規募集するにあたり、「遺児の心のケア講習会」を開催いたします。遺児らの癒しをお手伝いする「心のケアボランティア」は、子どもの表現する感情を受け止め、気持ちを分かち合う仲間のような存在です。子どもが言葉や身体で表現することを「よりやりやすくするよう」サポートします。遺児が求めているのは専門家や医師ではなく、「話を聞いてくれる人」「一緒に遊んでくれる人」を望んでいます。

神戸レインボーハウスは、震災から14年、神戸で癒しの実践をしてまいりました。最近は、病気・災害・自死などで親を亡くした遺児たちが、数多くケアプログラムや行事に参加しています。

 「心のケアボランティア」になるには、「講習会の修了」が条件になります。「遺児の心のケア講習会」の開催を広く市民に知っていただき、多くの方に講習会へご参加いただきたいと思っております。

ぜひ「遺児の心のケア講習会」にご参加ください。みなさまとの新しい出会いを楽しみにしています。

<遺児の心のケア講習会 参加者募集要項>

1.   名 称:「遺児の心のケア講習会」

2.   日 時:2009220日(金)~222日(日)の3日間、13:0018:00

3.   場 所:神戸レインボーハウス(JR甲南山手駅、または阪神深江駅下車、ともに徒歩約10分)

4.   定 員:30人(事前申し込み制)

5.   講 師:レインボーハウス職員

6.   内 容:①死別体験をもつ子どもの悲嘆について

        ②子どもへの具体的な援助について

※講座終了後に「修了証」をお渡しいたします。

7. 参加費:一般 3,000円、学生 1,000

8. 応募条件:①3日間の講座すべてに参加できる方

          ②関西在住で1860歳の男女

9. 申込み:電話、faxE-mailにて、申込書を請求してください。

10. 締切り:申込書を2月16日(月)必着で送付

11. 連絡先:あしなが育英会 神戸レインボーハウス(担当:富岡)

                        658-0012 兵庫県神戸市東灘区本庄町1-7-3

tel:078-453-2418  fax:078-412-2418


« 社会のために尽くす~中国古典の知恵に学ぶ菜根譚・前集93~ | トップページ | 精神対話士けいちゃん あしなが育英会神戸レインボーハウス「遺児の心のケア講習会」を無事に終え帰ってきました(^o^) »

コメント

けいちゃんこんばんわ。

講習会に参加されるんですね。
自分の心を磨くことで、遺児の皆さんにきっと素敵ななメッセージを伝えられることと思います。
遠くて大変だと思いますが、参加しようというけいちゃんの心が素晴らしいと思います。
頭が下がります。

私は最近ボランティアをして思うのですが、カウンセラーとして相手の方の前に立とうがボランティアとして接しようが、心に触れさせていただくことに変わりはない。すべてが実践なのですよね。
カウンセラーとして勉強になると思ってはじめたボランティアですが、紛れもない実践現場そのものでした。
けいちゃんも同じことを感じているのだと思います。
どんな現場にも、どんな相手の方にも心が対応できるように、自分の心を磨くチャンスをたくさん作りたいものですね。

体調に気をつけて参加してきてくださいね。

投稿: とらん | 2009年2月14日 (土) 午後 11時42分

とらんさんへ

おはようございます。コメントありがとうございます。

>遠くて大変だと思いますが、参加しようというけい>ちゃんの心が素晴らしいと思います。

ありがとうございます。でも、とらんさんの方がすごいと私はいつも思っています。

>カウンセラーとして相手の方の前に立とうがボラン>ティアとして接しようが、心に触れさせていただく>ことに変わりはない。すべてが実践なのですよね。


私もそう思います。
資格を持っていても、それに胡座をかいて、威張っている人達よりも世の中の色々のことで悩んでいる人達のために少しでも自分のできることで社会に貢献することが大切だと思うのです。


>どんな現場にも、どんな相手の方にも心が対応でき>るように、自分の心を磨くチャンスをたくさん作り>たいものですね。

とらんさんが言われる通りです。
遺児だけでなく、高齢者も身体障害のある人・・・何らかのことが原因で悲しみ苦しんでいる人達・・・全ての弱い立場の人達の力になれたらと思います。
そのことによって自分自身も色々の事を学びながら成長させて頂きながら心を磨いていくことになるのだと思うのです。

投稿: けいちゃん | 2009年2月15日 (日) 午前 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260534/28059895

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸レインボーハウス「遺児の心のケア」ボランティア募集:

» 医師求人募集転職情報ネットナビ [医師求人募集転職情報ネットナビ]
高待遇な医師の求人募集転職情報ならお任せください [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 午後 12時53分

« 社会のために尽くす~中国古典の知恵に学ぶ菜根譚・前集93~ | トップページ | 精神対話士けいちゃん あしなが育英会神戸レインボーハウス「遺児の心のケア講習会」を無事に終え帰ってきました(^o^) »