« 遺児支援の輪、拡大 神戸レインボーハウス10年 ~神戸新聞一面記事より~ | トップページ | 神戸虹の家が満10年。1/17(土)NHK総合テレビ「週刊こどもニュース」で放送 »

2009年1月11日 (日)

「次は私が励ます」震災遺児の高3生、四川被災地訪問 ~神戸新聞社会面記事より~

01647275_2 九日で開設十年となる阪神・淡路大震災の遺児支援施設「あしなが育英会・神戸レインボーハウス」(神戸市東灘区)は、多くの遺児を励まし成長を見守ってきた。三田市すずかけ台四、高校三年生福井友利さん(18)もその一人。四歳で母を亡くしたが、同じ境遇の仲間たちと出会い「一人じゃない」と勇気づけられた。福井さんは昨年、中国・四川大地震の被災地を訪ねた。「仲間がいることを伝えたい」と。(岸本達也)

 

「レインボーハウスは大切な場所。友達も増えた」と話す福井友利さん=神戸市東灘区本庄町1、神戸レインボーハウス(撮影・内田世紀)

福井さんは、両親と二つ上の姉の四人で西宮市上大市の木造アパートで暮らしていたが、地震でアパートは全壊。母の幸美さん=当時(31)=が亡くなり、残った一家三人は三田に移り住んだ。

 その年の十二月、父の利幸さん(52)に連れられ、あしなが育英会が神戸市内のホテルで開いたクリスマス会に姉と出掛けた。一九九九年のレインボーハウス開設後は、遺児交流の集いなどに参加してきた。

 「同じ体験をし、何も言わなくても分かり合える友達ができた。大切な場所になった」と福井さん。利幸さんも「気兼ねなく話せるハウスは、親にとっても癒やしの場だった」と話す。

 昨年七月、育英会の企画でハウスの仲間とともに四川を訪問し、震災遺児同士で交流。震災当時の記憶はほとんどないが、がれきの広がる四川の風景に「母もこんな風に建物の下敷きになったのか」と感じ「初めて母の死と向き合えた」という。

 そして、母のことをもっと知りたいと思った。自転車の後ろに乗せられ出掛けたこと。髪をおかっぱに切ってもらったこと。生まれたときのアルバムに「友達がいっぱいできる子に」と書いてくれた母。

 四川での交流で「自分も多くの人に支えられてきたことを知った」と話す福井さん。利幸さんも「体験を通じて、自分の立場で何ができるのか考えられる大人になってほしい」と願う。

 今春、高校を卒業する福井さんの夢は管理栄養士になること。ハウスにやってくる子どもたちに、これからは自分が「一人じゃないよ」と伝えていこうと思っている。

(1/9 09:00)


« 遺児支援の輪、拡大 神戸レインボーハウス10年 ~神戸新聞一面記事より~ | トップページ | 神戸虹の家が満10年。1/17(土)NHK総合テレビ「週刊こどもニュース」で放送 »

コメント

廣岡先生

私も災害ストレスを研究している者として一言わせて頂きます。
災害は何時どこでどのような形で発生するか創造がつきかねます。近時ある程度の研究は進められいますが、それはハード面のことで、ソフト面(メンタルケア)については、道半ばです。今後、災害ストレスを確立させたいものです。
微力ながらお力になれますよう努力して参りますので、宜しくお願いいたします。

投稿: 尾っぽより | 2009年1月11日 (日) 午前 11時14分

尾下先生へ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

本当は、尾下先生も14日(水)の夜に神戸レインボーハウスに来れたら良いのですが。
関東から神戸は遠いですし、今月末は福岡がありますのでお声をかけておりません。
14日は、元国会議員で国会会期の中に自らがん患者であることを告白され、「がん対策基本法」「自殺対策基本法」の設立に尽力され一昨年に亡くなられた山本孝史先生の奥様が講演があります。
(財)メンタルケア協会は、あしながとの結びつきを持っておりませんので、きっかけとなればと思っております。
精神対話士の私がいうのはあれですが、あしながの活動は、精神対話士の活動よりも素晴らしく、国内・海外に及びます。学生同士の絆も強く、世論からの支持も大です。精神対話士は、組織力も横との繋がりもまだまだです。なんとか尾下先生、小野寺先生が中心となり、精神対話士同士の絆の組織づくりをお願いします。
今回、岐阜県の精神対話士の山本みほさんが一緒に参加されます。たぶん、尾下先生もご存じと思います。精神対話学会で懇親会でトロフィーを代表でもらった女性です。
今回、できるなら施設なども見学させて頂けたらと思っております。

投稿: けいちゃん | 2009年1月11日 (日) 午前 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260534/27006625

この記事へのトラックバック一覧です: 「次は私が励ます」震災遺児の高3生、四川被災地訪問 ~神戸新聞社会面記事より~:

« 遺児支援の輪、拡大 神戸レインボーハウス10年 ~神戸新聞一面記事より~ | トップページ | 神戸虹の家が満10年。1/17(土)NHK総合テレビ「週刊こどもニュース」で放送 »