« 日経スペシャル「ガイアの夜明け」 11月4日放送 第338回 | トップページ | ニュースキャスター・筑紫哲也さん、肺がんで死去~YOMIURIONLIN~ »

2008年11月 6日 (木)

NPO法人周南いのちを考える会 講演会 「傍らにいるということ」     ~ホスピスケアの本質~

昨夜、仕事を終えて家に戻ると、NPO法人周南いのちを考える会から一通の手紙が来ていました。11月9日(日)の市民講演会の案内でした。

前回は、東京大学附属病院准教授 緩和ケア診療部長 中川恵一 先生があり6月に参加させて頂いた。急ではありますが、今回も参加したいと思います。

日頃より、身近にあるこのような講演会に参加することで常日頃より自分自身の意識を高めておく必要がある。精神対話士の研修だけでは、ものたりない。

このような講座に積極的に参加していくことが、精神対話士の活動をしていく上で大きな力となっていく。もちろん、ガンだけでない。全て、色々のことに関心を持つことが大切である。

NPO法人周南いのちを考える会

「傍らにいるということ」     ~ホスピスケアの本質~
講師:石垣 靖子先生
(東札幌病院・前副院長兼看護部長)
(北海道医療大学大学院看護福祉学研究科教授)

日時:平成20年11月9日(日)    14:00~15:30 (開場13:30)

会場:周南市市民館小ホール

チケット:1000円     


石垣靖子先生のプロフィール

1960年 北海道大学医学部付属看護学校卒業      
北海道大学医学部付属病院・北海道大学医学部付属看護学校勤務を経て 1986年 医療法人東札幌病院看護部長        1987年 同院 理事 副院長・看護部長
2003年 北海道医療大学大学院 看護福祉学研究科教授
 現在に至る 2004年から2006年まで、医療法人東札幌病院 副院長専任 2006年から2008年まで、理事専任

「心のケアを再考する」(共)現代書館
 「ホスピスのこころ~最期まで人間らしく生きるために~」 大和書房 
 「家族を看とるとき」(共)春秋社 など著書多数

「命はすべていつか終わりを迎えますが、最期のそのときまで自分らしく生き通したいものですね。今はがんになっても、それに伴う身体的な痛みや苦痛症状の緩和も随分とできるようになりました。そのときが近づいても、人間としてあたりまえのことがあたりまえにでき、人の温(ぬく)もりの中であの世へ旅立ちたいものです」(石垣)

☆チケットは、9月15日から販売します(スターピアくだまつ・周南市市民館など)

主催: NPO法人周南いのちを考える会    

 後援:山口県

問い合わせ先: 0833-43-7388 090-9417-6908


« 日経スペシャル「ガイアの夜明け」 11月4日放送 第338回 | トップページ | ニュースキャスター・筑紫哲也さん、肺がんで死去~YOMIURIONLIN~ »

コメント

けいちゃん、こんばんわ。

研修の疲れを取る暇もなく講演会に参加されるんですね。
勉強熱心なけいちゃんに本当に頭が下がります。

でも、けいちゃんのおっしゃるとおり、自分から積極的に勉強に行かないと、知識も能力も自分の心もステップアップできませんよね。
心を育てると言う意味では、常に勉強ですものね。
地方にいると、立派な方の講演を聴くチャンスはなかなか無いので、やはり無理をしてでもいきたくなりますね。

私も今日は緩和ケア病棟のボランティアの日でしたが、またまたいろいろ考えさせられた一日でした。
栃木県では緩和ケアについての認識がまだまだ薄いため、今度地元の新聞が特集を組むらしく、病院に取材に来るのだそうです。
ボランティアさんも一体になって緩和ケアに取り組んでいると言うことも書いてくださるそうです。

けいちゃん、体調にお気をつけて行ってきてくださいね。

投稿: とらん | 2008年11月 6日 (木) 午後 09時42分

とらんさんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
嬉しいです♪

>でも、けいちゃんのおっしゃるとおり、自分から積>極的に勉強に行かないと、知識も能力も自分の心も>ステップアップできませんよね。
>心を育てると言う意味では、常に勉強ですものね。
>地方にいると、立派な方の講演を聴くチャンスはな>かなか無いので、やはり無理をしてでもいきたくな>りますね。

とらんさん、ありがとう♪
そうでしょう。とらんさんは、同じ考えを持っていてくださるので、とても私も嬉しいです。
十人十色で色々の精神対話士がいて、みんなが同じ志ではないのですよ。。。悲しいかな。。。
その点、あしながの活動は素晴らしいよ。精神対話士の中から発掘していきたいのだけどね。同じような志の人を。

そうなんです。都会に比べて地方はなかなか立派な先生の話を聴けないです。だから無理してでも。。。
とらんさんが私の想いを全てコメントしてくれてます。(*^_^*)

>私も今日は緩和ケア病棟のボランティアの日でした>が、またまたいろいろ考えさせられた一日でした。
>栃木県では緩和ケアについての認識がまだまだ薄い>ため、今度地元の新聞が特集を組むらしく、病院に>取材に来るのだそうです。

とらんさんも頑張ってますね♪すごい嬉しいです。
私も励みになります。本当です!
新聞に特集記事として載るのですね。
素晴らしいですね。やはり、病院、地域の人達、マスコミ。。。全てが協力ですよね♪
新アメリカ大統領のオバマ氏ではないですが、変革・・・Yes,we can.の精神です。
とらんさんも健康に気をつけてくださいね。


投稿: けいちゃん | 2008年11月 6日 (木) 午後 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260534/25068579

この記事へのトラックバック一覧です: NPO法人周南いのちを考える会 講演会 「傍らにいるということ」     ~ホスピスケアの本質~ :

» 【研究 看護】関連商品 [オンラインショップ シンプル検索]
研究 看護 に関するYahoo! 楽天 AMAZONの検索結果、ブログからの口コミ情報を提供しています。 [続きを読む]

受信: 2008年11月 7日 (金) 午前 01時33分

« 日経スペシャル「ガイアの夜明け」 11月4日放送 第338回 | トップページ | ニュースキャスター・筑紫哲也さん、肺がんで死去~YOMIURIONLIN~ »