« ニュースキャスター・筑紫哲也さん、肺がんで死去~YOMIURIONLIN~ | トップページ | けいちゃんの福岡の旅~その②~ »

2008年11月 8日 (土)

精神対話士の研修会:「精神対話士のためのメンタルケア論」と福岡の夜景~福岡の旅・その①~

10月31日(金)夜から11月4日(火)まで福岡に行ってました。

今日は、11月3日(祝)に行われ精神対話士の研修について記載します。

講師は、(財)メンタルケア協会会長 佐藤登志郎先生がされました。

Dscn3691

講義をされる佐藤登志郎先生

Dscn3694 スライドを使っての講義でした。

私の感想としては、メンタルケアのスペシャリスト養成講座を受講しているような感じでした。

スライドから

1-1 「精神対話」 の目的

① 内的・外的環境(変化)に対する`こころ`の適応不全状態の克服、喪失した自己の再構築 

 心身二元論:真、善、美の相互不加侵の価値観とその統合                  ・記号的記述と言語学的意味論                                   ・自己:ギルトの自己から対話の自己へ  

②クライアントが人間の尊厳、QOLを取り戻すこと 

③幸福になること、癒されること

感想:どうも、医学などの専門用語が多く、その分野の専門の人はよかったかもしれません。周りを見渡すと居眠りの人も多かったように感じます。。。でも、言わんとされるところも理解できました。

トイレ休憩10分の後、後半はケーススタディが行われる。

講師は、(財)メンタルケア協会 長木専務理事でした。

Dscn3696

これは、なかなか好評であった。

例題

《CL22歳 学生》

CL:いろいろ問題が重なり相当悩んでいるので、悩みを聴いてほしい

MCE:人は一人では生きていけないのだから、担当の先生にも手伝ってもらうように頼んでみたら? (と提案した)

CL:就職活動がうまくいかないし、肩と首がこっている・・・苦しい。

MCE:生きていくのは難しいこともあるだろうが、生きる目的はそういう問題を抱えながら、どのように健全に生きていくのかということで、どこに就職し、何をするかより、苦しいこと辛いことを乗り越えてどう生きるかが大事だ。                         どんな人にも生まれた意味があり、それは自分で探すしかないが、忍耐強く探し続けて、あきらめないで・・(と励ました) 私自身かつては生きる意味が見つからず、本を読んだり、心理学の勉強をした。                                      努力と忍耐のいる「自分を知る」と言う作業を死ぬまで続けていこうと思っている。自分で何かをきっかけに生きる意味を探してほしい。

Dscn3697

事例を読みながら、グループに分かれて話し合う。みんな真剣でした。

事例

《CL:80歳 老人ホームに入居者 認知症》

CL:私の別荘は海にも近いし、それはいいところなのよ。昔は野いちごをつんで大きな鍋でジャムを作ったり、馬に乗って高原に行ったり、ご近所とよくパーティーを開いたり、とても楽しかったの。

MCE:そうですか。

CL:あら、もう帰る時間なの?行かないで(涙を流される)ここに泊まっていったら?(悲しそうなご様子)

MCE:一週間後にきますから、その時にまた別荘の話を聞かせてくださいね。

CL:今度は一緒に逃げましょ。別荘に一緒に行けばいいわ。(真剣な眼差し)

MCE:今は観光シーズンで混んでいるでしょうし、暑いかもしれませんね。

CL:そうね・・もう少し先のほうがいいかしら・・。

上記の事例を読み、グループにわかれて話し合いを行いました。

精神対話士のクライアントへの対応に対する意見。(これでいいか、どうか)

このシナリオの対話から読みとれるクライアントの気持ち、精神対話士の気持ち。

自分が対応する場合は、どのように対話をしていくか?

佐藤登志郎会長と長木専務、ありがとうございました。

明日11月9日(日)は、大阪会場、11月16日(日)は東京会場・・・その次は金沢と全国7会場での精神対話士の研修を回られているそうです。どうか、お身体を気をつけてくださいね。

会場では、私のブログにコメントを以前に残してくださってた、このたび精神対話士に合格された『クリスマスローズさん』ともお会いすることができました(^o^)研修の時はお話しできませんでしたが、次の日に時間を作ってくださっており、ゆっくりとお話しをすることができました。

研修のあと、懇親会がなかったのは残念でしたm(_ _)m私は、職場の先輩に会い、夜の福岡の街をドライブに連れて行ってもらいました。

Dscn3700 ここのうどんは有名です。

麺の固さも選べます。トッピングも豊富。

人もたくさん。。。。

Dscn3705

これが普通の量です。

かしわご飯も頼みました(*^_^*)

おいし~(*^_^*)

Dscn3707

見てください!ネギの量が増えてるでしょう!そう、ネギを自分の好きなだけ入れてもいいのです。テーブルにネギがたくさん入ったお茶碗があります(*^_^*)

Dscn3711

次は、先輩がドライブに連れて行ってくださいました。観覧車を乗りに行きました。都市高速に乗ったら早い♪

夜景がとてもきれいなんです♪

ここは、もの凄い大きな観覧車で日本で一番だったと。。。

Dscn3715

観覧車に乗って写した写真です。

向こうに見えるのも観覧車です。

Dscn3737

これも観覧車から写しました。

夜景がきれいでしょう♪

向こうに見えるてる「福岡タワー」は日本で一番高い海浜タワー。地上123メートル

Dscn3739

この観覧車に乗りました。

降りてから写しましたが、観覧車が大きくて写真でははみ出しました(*^_^*)

Dscn3748

少し離れて写しました(*^_^*)

綺麗でした♪

Dscn3749

ゲームをするところもありました。

見ただけです

Dscn3750

同じ建物の所に食べ物屋さんも沢山ありました。バニラアイスとバナナ入りクレープとキャラメルカフェを頼みました。

先輩ごちそうさまでした(*^_^*)

甘いもの大~い好き♪(*^_^*)


« ニュースキャスター・筑紫哲也さん、肺がんで死去~YOMIURIONLIN~ | トップページ | けいちゃんの福岡の旅~その②~ »

コメント

けいちゃんさん
はじめまして、この研修会についてお尋ねします。何故広島では開催しないのですか?わざわざ福岡まで行かなくてはならないのでしょう。プログの内容を読むと、研修の内容がぶれているのではないでしょうか。研修費は幾らかわかりませんが、研修生の中には居眠りの方が居たそうですね。医学的専門用語が多く出ているためと書いていますが、/?後半のケーススタディーは好評のようですので、この内容を充実すべきだと思います。又、研修後の懇親会がなかったのは残念とありますが、折角各地から集まったのですから精神対話士の仲間同士の交流があっていいのではないかと思います。この研修会は各地で行われるようですが、何処の開催地でもそうなのでしようか?
友人の精神対話士の話ですが、折角、精神対話士という資格をとっても仕事が回ってこないとぼやいていました。各地にはこのような方が大勢いると聞いています。本当でしようか。私も精神対話士になって心のケア活動を考えている者です。でも活動の場がなければ宝の持ち腐れになる可能性があると思うのですが。
けいちゃんさんは精神対話士で活動されているのでしょうか。どうかアドバイスをお願いいたします。
(精神対話士を志すまるこより)

投稿: | 2008年11月 8日 (土) 午後 11時39分

けいちゃん、こんばんわ。

研修は講義と事例検討だったんですね。
さすが、お医者様が設立した団体だけあって、医学用語などかなり専門性の高いものだったんですね。
難しそう・・・・。

事例検討は、みなさん自分のお仕事に直結するものですから、真剣ですよね。
本当は、事例検討会が毎月とかあると、意見交換や自分のレベルアップにつながっていいのでしょうね。

おうどんもアイスも美味しそう、観覧車も素敵でしたね。
夜の観覧車、乗ったことないです。
なんか、ロマンチックでしたね。

クリスマスローズさんとお会いできたんですね。
よかったですね。
またひとつ、心に残るご縁が広がりましたね。

投稿: とらん | 2008年11月 8日 (土) 午後 11時45分

(精神対話士を志すまるこより)さんへ

こんばんは。はじめまして。コメントありがとうございます。。。


>何故広島では開催しないのですか?

広島では、この4月に研修がありました。その時は福岡では無かったですけど。。。たぶん、中国地方は、九州に比べて精神対話士が少ないからと思います。。

うんん・・・医学と心理学のことが多いです。
たぶん、その分野以外の人や新人の人にはわかりにくいと。。。無意識の意識化のような・・・。

>後半のケーススタディーは好評のようですので、こ>の内容を充実すべきだと思います。

そう思います。身内の研修なのであまり述べられませんが、実際の精神対話士がクライアントの所にいった時の対応などを研修として扱うこともあります。それらは、非常に好評ですね。

>精神対話士の仲間同士の交流があっていいのではな>いかと思います。

その通りです。わたしもそう思います。だんだんと輪を広げていこうと思います。

>友人の精神対話士の話ですが、折角、精神対話士と>いう資格をとっても仕事が回ってこないとぼやいて>いました。各地にはこのような方が大勢いると聞い>ています。

そうだと思います。私も精神対話士になって2年少しですが、引きこもり中学生のメンタルケアに派遣されたことがありました。もう一つは、昨年夏に、石川県輪島に行き地震がありました子どもたちの心のケアとして『夢対話』に参加しました。

普段は施設に勤めています。老人施設です。お年寄りは、話を聴いてあげたり、お話しをしてあげると喜ばれます。精神対話士として勤務はしてないですが、役立っていると思ってます。


投稿: けいちゃん | 2008年11月 9日 (日) 午前 01時46分

とらんさんへ

おはようございます。
コメントありがとうございます。

>さすが、お医者様が設立した団体だけあって、医学>用語などかなり専門性の高いものだったんですね。

私の勉強が足りないのもありますが、今回は心理学などの養護等も多く出ていたと思います。
常に勉強は大切ですね。
事例検討は、大変ためになりますね。

>おうどんもアイスも美味しそう、観覧車も素敵でし>たね。

はい。アジアで一番大きな観覧車だそうです。夜に乗ったのは初めてでした。綺麗でした(*^_^*)


>クリスマスローズさんとお会いできたんですね。
>よかったですね。
>またひとつ、心に残るご縁が広がりましたね。

はい。お会いすることができました。研修の次の日はお話しすることもできて良かったです。景色の綺麗なところにもドライブに連れて行ってくださり・・・お世話になりました。
また、ここで紹介したいと思います。


投稿: けいちゃん | 2008年11月 9日 (日) 午前 07時40分

「思いやりの法則」の著者さんへ

おはようございます。コメントありがとうございます。
たくさん、本を再度、送って頂きましてありがとうございます。近いうちに、福岡の研修に参加された綿らしい精神対話士の人に送りたいと思います。

>精神対話士を志すまるこさんは鋭い洞察力のある方>のように見受けしました。

本当にその通りだと感じています。

>現在の組織の運営方法をchaqnge(変革)する必要>があります。

先生のおっしゃられる通りですね。そうしていかないといけない。
コメントありがとうございす。どうか先生、これからもよろしくお願いします。

投稿: けいちゃん | 2008年11月 9日 (日) 午前 07時47分

私も仕事の研修で、少しだけ学んだ事があります。
私の様な仕事の依頼者でも、少し心が不安定な方がいます。
被害に遭っていると思い込んでしまっていたり、中には実際に存在しないものを見てしまっている人もいます。
そういった方には、決して否定をしてはいけないと教わりました。
恐らくそう言う依頼者は、自分の言っている事を誰に言っても信じてもらえないわけですので、そこで少しでも否定してしまっては、今度はその依頼者からの信頼を得られなくなってしまうと言う事です。
一度依頼者の言っている事を肯定し、信頼を得てから解決策を講じるのが解決の近道だと教えられました。
まぁ、教えてくれたのはその道のプロではありません。
一度けいちゃんのご意見も伺えたらなぁと思いますが、いかがでしょうか?

投稿: 招き猫 | 2008年11月 9日 (日) 午前 10時57分

招き猫さんへ

こんばんは。コメントありがとうございます。
少し前に山口県から帰ってきました。

>私の様な仕事の依頼者でも、少し心が不安定な方が>います。
>被害に遭っていると思い込んでしまっていたり、中>には実際に存在しないものを見てしまっている人も>います。

いや、本当、被害妄想のような方もいらっしゃると思います。例えば、後をつけられているとか、いつも人に見張られているとか等。。。。

>そういった方には、決して否定をしてはいけないと>教わりました。

そうですね。いくら変でも、いきなり否定はいけないと思います。
招き猫さんもおっしゃっておられるように、本人は、真剣なのですから。
やはり、まずは、相手の言うことを受け入れて(よく聴いくこと)だと思います。

>一度依頼者の言っている事を肯定し、信頼を得てか>ら解決策を講じるのが解決の近道だと教えられまし>た。

それで良いと思います。ただ、解決策を講じる際も主役は依頼者だとおもいます。だから、招き猫さんが依頼者と共に考えて(依頼者の意に添うように)いくことが大切だと思いました。

投稿: けいちゃん | 2008年11月 9日 (日) 午後 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260534/25131661

この記事へのトラックバック一覧です: 精神対話士の研修会:「精神対話士のためのメンタルケア論」と福岡の夜景~福岡の旅・その①~:

« ニュースキャスター・筑紫哲也さん、肺がんで死去~YOMIURIONLIN~ | トップページ | けいちゃんの福岡の旅~その②~ »