« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

中村富子さん《講述録》合掌に二重まる心に満点~「ある ある ある」の世界に生きた、母・久子の四肢のない人生~

私が2年前、メンタルケアスペシャリスト養成講座を福岡に勉強に広島から通っていたときに、福岡県・田川で中村久子女史の次女、中村富子様の講演を聴く機会がりました。

講演では、娘様がお母様の生きざまを話されそこから学んだことや私たちへのメッセージを話してくださいました。

中村 久子女史の略歴

3歳の時両手両足を切断。祖母のやさしい指導と母の厳しいしつけの中で努力と独学を重ねた。結果、無手足の身で文字を書き、縫い物、編み物をこなすことを独特の方法で修得した。

1916年(大正5年)、女史20歳の時高山を離れ、独り立ちの生活を始める。無手足の身に裁縫・編み物・刺繍・口で糸を結び・短冊書きを芸として、”だるま娘”の看板で興行界に入る。

1937年4月17日、女史41歳の時東京日比谷公会堂でヘレンケラー女史と出遇う。その時女史は、口で作った日本人形を贈った。ヘレンケラー女史は”私より不幸な、そして偉大な人”と久子女史に言葉をおくった。。。。

とても心に響くお話しでした。

講演内容から中村富子様が最後に話されたことと詩を紹介します。

さいごに

Dscn3132_2

自分を一番大切にしてほしい、命をともに大切にしてほしい。一番簡略に言えば、一番自分を愛し、一番この世で大切にしていただきたい。死ぬまで命あるその日まで、自分と向き合って生きていただきたい。

決して自分から死を選んではいけません。

死ぬことはやさしいんです。生きることの方が難しいんです。でも人間は生きる難しさの中に、いろいろな一つの交わりを知ります。人のありがたさを知ります。

私たちは1人では生きていけないのです。こういうふうに支え合っています。支え合ってこそ生きていけるのです。人さまを大事にして、ご縁というもの、一期一会を大切にしていただきたいと思います。

        ・・・・・・・・       中略     ・・・・・・・

自分の運命は自分で切り開いていかなければなりませんし、自分の生命は大事なんです。

どんな時でも自分を生かす道はあります。ですから明るく楽しく生きられたら最高だと私は思っています。

 ここに母の詩を読ませていただきます。

         

            ある   ある    ある』

         さわやかな       秋の朝

         「タオル取ってちょうだい」  

         「おーい」と答える   良人がある

         「はーい」という    娘がおる

         歯を磨く        義歯の取り外し

         かおをあらう

         短いけれど   指のない

         まるい     つよい手が    

         何でもしてくれる

        断端に骨のない    やわらかい腕もある

        何でもしてくれる   短い手もある

        ある ある ある

        みんなある   さわやかな   秋の朝

本当に長時間ありがとうございました。よく聞いてくださいました。感謝いたします。

ありがとうございました。

中村富子様のプロフィール  (中村久子女史顕彰会治ホームページより抜粋)

1924年(大正13年)中村久子女史の次女として横浜市に出生。興行のため地方巡業の旅を続けられる久子女史の慈愛のもとで成長される。昭和17年、学校生活を終えられた後、昭和25年までの8年間、両親と共に岐阜県高山市にて生活。この頃より講演や執筆活動が多くなった母久子女史を背負われる等種々手助けされる。
 昭和25年から昭和62年、静岡県沼津市にて経理事務に従事。
 昭和43年、久子女史と死別。
 現在は高山市で生活している。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

第105回メンタルケア・スペシャリスト養成講座(東京会場)平成20 年10 月開講

メンタルケアのスペシャリスト養成講座(東京会場)のご案内です。

精神対話士になるためには、下記の講座(基礎・実践)に合格し、集団面接と個人面接の試験に合格しなくてはいけません。

第105 回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
(東京会場)平成20 年10 月開講

基礎課程日程:平成20 年10/13(月・祝),19(日),11/2(日),9(日),23(日) 5 日間(15 講座)


時 間:午前 10:00~午後 4:45

実践課程日程:平成21 年 1/25(日),2/1(日),8(日) 3 日間(7 講座)

時 間:午前 10:00~午後 4:45

(但し3日間のうち1日については午後1:00~2:15)

会 場 慶應義塾大学三田キャンパス(東京都港区三田2-15-45)

     JR山手線・京浜東北線『田町』駅     徒歩8分

     都営地下鉄浅草線・三田線『三田』駅  徒歩7分 ほか

 お 振 込 先 :(基礎課程受講料 13 万円)

三菱東京UFJ銀行 表参道支店 普通 2105026 財団法人メンタルケア協会

※ 定員になり次第締め切らせていただきます

※ 日程、会場などについては、都合により一部変更となることがあります

詳しいお問い合わせ先

(財)メンタルケア協会

〒107-0061

東京都港区北青山2-11-10 青山野末ビル102

資料請求電話 03-3405-7282

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

今夜の納豆トースト(^o^)

今夜は納豆トーストを作って食べました(^o^)

Imgp0004

今夜作って食べた「納豆トースト」です。

中身は、納豆、ししゃも明太子サラダ、ちりめん、です(^o^)

感想・・・マヨネーズをもう少し入れたら良かった。。。。

お友達のコロさんの6月10日の記事に紹介されていました。元々はお友達の「まはろ」さんの6月10日のブログに記載されておられたそうです。レシピはコチラです。

                     (以前の記事から引っ張ってきました(*^_^*))

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

「私のささやかな国際交流ー韓国小学校で講演」鎌田 達

私の施設の苑長先生の『日韓心の旅路』を紹介して行きます。約10年前に国立病院を定年されてから韓国との交流をはじめられました。いや、本当はその前からすでに苑長先生の人との心の旅は始まっていたのです。

先生と出会ったのは4年前です。元国立広島病院院長(東広島医療センター)です。私は、そのようなことも知らずに仲良くして頂いていたのですが、とても優しい穏やかな先生です。今日も先生は、医療センターで新しく新設された建物のテープカットに呼ばれて参加されています。 

「私のささやかな国際交流ー韓国小学校で講演」     鎌田 達

我がRCと姉妹縁組のある韓国釜山市の南浦RCの創立記念日に出席した。私は祖父の仕事の関係で釜山市で生まれた。そして釜山市の日本人小学校を卒業した。その縁で毎年釜山を訪問してきた。
戦後、私の卒業した小学校は韓国人小学校となり、歴史が継続されている。南浦RCにも後輩がいる。昨年の
訪問時に小学校から講演の依頼があり「ハンマウム」と題して語った。講堂には児童とその保護者、3名の退職学校長らも参加していた。
 ハンマウムとは「一つの心、広い心、大きい心」を意味している。生徒と先生、親と子、老人と若者、健康人と障害者、そして日本と韓国など、すべての人達が「一つの心」で交っていこうとの願いを込めての講演を行った。
 現職の校長先生や退職された学校長が各々私の訪問時に下さった「優しさ、思いやりの心」を具体的に説明し、すばらしい学校であると痛感し、私もこの学校の卒業生であることの誇りを熱っぽく語った。

終わりに3年生の
朴(パク)君の「銀杏(いちょう)」という詩を紹介し、人間は生きているかぎり「心」を働かせ、人のため、世の中のために役立つ人になりましょう。と結んだ。そして全員で韓国の「ふるさとの春」という歌を大合唱し、幕を閉じた。

銀杏(いちょう)    3年5組 パク・インホ

一日中落ちている銀杏の葉
竜巻のように落ちてきた

黄色 紅色 色々混じっている
銀杏の葉が落ちると木は本当に淋しい

私が走っていって抱いてあげようかな
淋しい銀杏よ 学校と銀杏の木

HIGASHIHIROSHIMA ROTARY CLUBより

この詩を読んでどう感じられましたでしょうか?

鎌田先生はこの詩を読んで、施設の入所者とかぶったそうです。

私の勤める施設は、平均年齢86歳を超えるお年よりの施設です。人生で言いますと秋から冬なのです。人間も若いときは元気で何でもできますが、年をとると思うように身体も動かなくなる。誰も見向きもしなくなる・・・。そのような施設のおとりよりに寄り添い心を温めるのが私の仕事であると思います。

たまたま、鎌田先生と私の想いは同じだったのです。だから私をすごく可愛がってくださり、今でも心の話をしてくださいます。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

世の中が変です(>_<)「障害者をいじめて何が悪いのか」どうしてそういう発想の子どもが育つの?悲しいです(>_<)

YOMIURI ONLIN読売新聞を先ほどみました。悲しくなりました(>_<)
障害者をいじめて何が悪いのか」・・・どうしてそんな考えの子どもが増えているのか?悲しいです。。。日本はどうなるのだろう。。。。
路上で生活している人達を襲ったり、障害者をいじめたり・・・・狂ってる(>_<)
涙がでてきます。。。
世の中の責任?家庭での教育責任?学校の教育責任?
単に、逮捕したり、児童相談所に送ったりしただけで解決する問題ではないように思いますm(_ _)m

知的障害者ら狙い暴行や恐喝、少年8人逮捕・1人相談所送致

警視庁は22日、東京都青梅市内の14~15歳の中学3年生6人と無職少年(16)ら計8人を、暴行や傷害、恐喝などの疑いで逮捕、犯行時13歳の少年1人を児童相談所に送致したと発表した。

 少年らは、知的障害者などを狙って暴力を振るうなどしていたが、うち数人は「弱そうな相手を狙った。障害者をいじめて何が悪いのか」などと供述しているという。

 発表によると、少年らは今年1月12日、同市内で自転車に乗っていた男性(20)に、「ガンをつけるな」などと因縁をつけて殴るけるの暴行を加えたうえ、男性が知的障害者とわかると、男性のバッグから現金8万円を盗んだ疑い。少年らはその後も、男性を呼び出して携帯電話を奪ったり、「携帯を返してほしかったら金を持ってこい」などと1万円をだまし取ったりしていた。

 少年らはゲームセンターで遊ぶ仲間で、このほか、知的障害者の同級生や特別支援学級に通う後輩の少年など計5人に対しても、暴行を加えたり金を脅し取ったりする犯行を繰り返しており、殴りながら「痛いですか」などと聞いたりしていたという。

(2008年8月22日12時53分  読売新聞)

| コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

いい男は、どん底で力を発揮する~いい男の条件・ますい志保著より①~

3年前に買って読んだ本です。時々、色々のページを読み返して自分に言い聞かせていますがなかなか。。。。

素敵な本でした。女性だけでなくて男性も読むべき本だと思いました。

「苦労した」でなく「苦労をかけた」と言える人

Imgp0001 

今、蝶や花よともてはやされている人ほど、過去にどん底を経験しているはずです。

経験は顔に出ますが、それがよい方に出ている人とつき合うべきなのです。

思いがけず素敵な笑顔の裏の苦労を知ると、その人の魅力が倍増するのです。

そんなに大変な道のりだったのかと気づいて感動することもあります。そこに、いい男の器を感じるのです。

自分から、こんなに苦労しました、と言う人ほど、たいした人ではないのです。

苦労をかけたと言える人ほど、本当は奥が深い人なのだと思います。

ただそれを、苦労をかけた人の前以外では言わないことが重要です。

うすっぺらく見えてしまうからです。

人生の旅路の中で、いつも感謝の気持ちを持って接していけば、どん底のときでも必ず助けてくれる人がいるはずです。

いい男の条件  ますい志保 著 より

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

~愛~新訳聖書、1コリント13:4-7

素敵な言葉です。。。

愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。

愛は自慢せず、高慢になりません。

礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、

怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。

すべてをがまんし、すべてを信じ、

すべてを期待し、すべてを耐え忍びます

1コリント13:4-7 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

病者の祈り

以前ブログの中で、メンタルケアのスペシャリスト養成講座福岡会場で受けた講義、「医の心Ⅰ」講師 竹下 彰 九州大学名誉教授の講義頂いた資料『医師になる君たちへのメッセージ「医はアート」とは何かー』の中から、

白血病で亡くなった少年の医師と看護師宛の遺書」の手紙を紹介しましたが、

今日も資料の中から紹介します。

次の詩は、山川きよ子さんが出された『死は終わりではない』(文芸春秋社)の一部がんに冒されたご主人の山川千秋氏が、ニューヨークで闘病を始めたとき、ある牧師から送られた言葉です。この文章をご主人のベッドの脇に貼り、一緒に病気と闘ったと書いてあります。

病者の祈り

大事をなそうとして

力を与えてほしいと神に求めたのに

慎み深く従順であるようにと

弱さを授かった

より偉大なことができるようにと

健康を求めたのに

より良きことができるようにと

病弱を与えられた

幸せになろうとして

富を求めたのに

賢明であるようにと

貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして

権力を求めたのに

神の前にひざまずくようにと

弱さを授かった

人生を享楽しようと

あらゆるものを求めたのに

あらゆることを喜べるようにと

生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが

願いはすべて聞きとどけられた

神の意にそわぬ者であるにかかわず

心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた

私たちはあらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ

 病気によって慎み深く従順になった。より良いことができるようになった、賢明

になった、謙虚になった、あらゆるものを喜べるようになった、と言っています。

そして、多くを失ったけれども「もっとも豊かに祝福されたのだ」とも言っています

病気を通して本当に大切なものは何かが分かったという意味だと思います

が、病気に冒され絶望していたご夫婦は、この言葉と出会うことでたいへん

われたと述べておられます。

| コメント (9) | トラックバック (1)

時をかける少女

人との出会いは、つかの間の出来事のように思います。
人との別れは突然にやって来るように思います。
まだ、生きていてほしいといくら願っても時は待ってくれないです。
人は、出会った時から、いつか別れる日が来ることがわかっているのだと思う。
いつか別れが来ることを知っていても、その日が来ると
悲しい。。。どうしてかなぁ。。。。
精神対話士は、いつも心寂しい人々のかたわらにいます。突然に消えたりしません。
いつも寄り添いながら共に歩みます。いつも、温かくクライアントを「お帰りなさい」
と優しく迎えます。
人との出会いを大切に出会えた事に感謝し
日々を過ごしたいものです。


原田 知世さんが歌った曲です。角川映画『時をかける少女』
の主題歌です。
大好きな曲です。カラオケでも歌います。


時をかける少女(映画の予告編のあとに歌が流れます)
      歌  :原田知世
      作詞:松任谷由実 作曲:松任谷由実

あなた私のもとから
突然消えたりしないでね
二度とは会えない場所へ
ひとりで行かないと誓って
私は 私はさまよい人になる
時をかける少女 愛は輝く舟
過去も未来も 星座も越えるから
抱きとめて

ゆうべの夢は金色
幼い頃に遊んだ庭
たたずむあなたのそばへ
走ってゆこうとするけれど
もつれて もつれて涙枕をぬらすの
時をかける少女 空は宇宙の海よ
あせた写真の あなたのかたわらに
とんでゆく

時をかける少女 愛は輝く舟
過去も未来も 星座も越えるから
抱きとめて

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

ブログ通信簿(*^_^*)

先ほど、ままさんのブログに遊びに行きましたら、お知らせ【PR】に”ブログ通信簿”というを見つけました。そこを見ていきますと、

ブログURLを入れ通信簿を作成をクリックすると自分のブログ通信簿ができました。

Photo 通信簿を見ていくと・・・

内容等から、女性で29歳と判断されました(*^_^*)

コメント欄には、『給食委員』タイプとあります(*^_^*)

| コメント (2) | トラックバック (0)

105歳のおばあちゃんの誕生日(^o^)

8月9日は、長崎原爆の日でした。広島と同様、忘れてはいけない、繰り返してはいけない日です。

もう一つ、私の勤めている施設で、Aさんの105歳のお誕日でした(*^_^*)

こちらが、8月9日に105歳になったおばあちゃんです(*^_^*)

私は、ほとんど勤務の時は、おばあちゃんのベットサイドに行きお話しをします。

私の手をにぎっています。

おばあちゃんは、明治の生まれです。

以前のおばあちゃんとの対話はこちらです。『精神対話士けいちゃんの103歳のおばあちゃんとの心とこころのふれあい』  

おばあちゃんに話をすると、いつも生まれたところに帰りたいと言われます。

おばあちゃんの中では、おばあちゃんのお父さんもお母さんも家で元気でいるのです。そして、自分の帰りを心配して待っているからご飯支度に帰らないといけないのです。

おばあちゃんの楽しみは、お話しです。側に来て話しかけてあげると喜ばれます。

もう、お金も家も名誉も必要ないのです。ご馳走もいらないです。。。

甘いチョコレートを口に含ませてくれたら手を合わせて喜ばれます。(*^_^*)

手を握って顔や手、足を優しくさすってあげたら手を合わせて喜ばれます。(^o^)

念仏を耳元で唱えてあげると、手を合わせて喜ばれます。おばあちゃんもお経を言われます(*^_^*)

私が、また来るねと去ろうとすると寂しい時、もっと居て欲しいときは、私の手を離しません。。。自分の胸に『ぎゅっ』と私の手を当てています。自分のほっぺに私の手をあてています。(*^_^*)

でも最後は、『また来てね。。。怪我せんように、居にんさいね』と手を振ってくださいます。

(*^_^*)

元気をもらっているのは私なのです(*^_^*)

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

夜は職場の先輩と夕食(^o^)写真画像は、先輩にもらった一眼レフデジカメで撮りました(^o^)

今日は、広島も暑く・・・疲れ気味の私は、夕方まで家にいましたm(_ _)m

あまり食べる気もしなく、頭痛が少しm(_ _)m

職場の先輩からメールが来て、「調子はどうですか?夕飯一緒にしますか?」と。。。

今夜は、ジョリーパスタへ行きました♪

Imgp0003 今夜は先日とは違うもう一種類の冷製 カッペリーニを食べました♪

冷製 カッペリーニ

生ハムと10種類のサラダパスタ

今日は、先輩がご馳走してくださいました(*^_^*)

食事の後は、鏡山公園に行き写真を写す練習をしました。

Imgp0007

毛利が滅ぼした鏡山城があったところ。

Imgp0014

Imgp0022

ここ東広島市はちょっとした歴史の街でもあります。

あとお酒造りで有名です。古くからの酒倉屋がたくさんあります。

一眼レフをめったに使ったことないのでなれるまで少し時間がかかりそうです。。。

来月9月に精神対話士の学会がありその時までには少しは上手く扱えたらよいのですが。。。

Dscn3097 今日、先輩から頂いた一眼レフデジタルカメラ(^o^) 私の職場のお友達の先輩については次に書きます。。。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

お友達のままさん、元気になって(^o^)

今日も一日暑い日が続きました。

私も休みなので家でごろごろしていました(-_-)

夕方になって職場の先輩と食事に行きました。

お昼にパソコンでYouTubeを見ていますとドリフターズの懐かしい映像がありましたので載せます。これを見て笑って元気になってくださいね。

松田聖子&志村けんのコント 『けんと聖子のかなしい秋』

8時だョ!全員集合 〜松田聖子共演コント〜

| コメント (2) | トラックバック (2)

2008年8月 7日 (木)

お友達からまごころの嬉しい便り(*^_^*)

昨日うれしいおたよりがありました♪

お友達の名前は吉住さんといわれます。

吉住さんと出会ったのは、平成18年2月、私が精神対話士になるためのメンタルケアのスペシャリスト養成講座に福岡に参加してからである。

吉住さんも精神対話士をめざし、福岡・田川から通ってこられていた。ご主人をたしか、がんで亡くされ「世の中の人のために」と後藤寺でギャラリー 無量無辺 をされていて、そこでは、知的障害・身体障害者の方達が真心込めてつくられた作品や食べ物などを販売しておられました。60歳の方です。Dscn3084

手作りの和紙に墨で書かれたお手紙です。ウサギの絵もお友達が書きました。

Dscn3088 お便りありがたいです(*^_^*)

電話通じなかったのね(>_<)ごめんなさい。。。

お友達、体調だいじょうぶかなぁ~知らなくてごめんなさい(>_<)

Dscn3085

お友達に頼んでいたオリジナルTシャツです。お友達のお店で見たとき、素敵だったので注文しました(*^_^*)

うさぎの絵も言葉もお友達にまかせました。

Dscn3086

うちわも一緒に送ってくださいました♪

うちわはお友達からのプレゼント

うちわに書いてある言葉も絵もお友達が書いたのもです♪

うちわに書いてある言葉も絵も素敵でしょう♪元気がでました(*^_^*)

お友達は、残念ながら精神対話士には合格されませんでしたが素晴らしい方です♪今でもお友達として交流させて頂いてます(^o^)

私にとって人は大切な財産。私のような者と仲良くしてくださる皆様に感謝です。縁は不思議です。大切にしたいです。

Dscn3089

Tシャツの全体写真です(*^_^*)

うさぎの絵と言葉は背中に書いてありました。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

今日は、二度と起きてはいけない日、みんなが忘れてはいけない日

今日、8月6日は広島では、平和祈念式典が行われる。今年で、63回目となる。

63年前の1945年8月6日、午前8時15分に原子爆弾が投下され多くの人が亡くなった。また、原爆の後遺症をうけ苦しみながら亡くなられた人、苦しみながらも命のある限り生きた人・・・・。

私の勤める施設においても原爆で被爆した入所者がいる。

この人は、原爆が投下された時、20歳くらいで広島市役所に勤務していたそうです。市役所の建物の中にいたから自分は助かった・・・家は広島市中区広瀬の方にあり、原爆で父と母を失った。。。。弟達が疎開していて助かった。

決して、忘れてはいけない。戦争の悲惨さ、二度と同じことを起こしてはいけない。

平和について、身近なことから考える必要がるように感じます。ただ単に、戦争をしないだけが平和ではないように感じるのです。

秋葉原から続いた無差別殺人事件・・・子供が親を殺害する・・・忌まわしい、悲しい事件がたくさん起きている。戦争とは違うかもしれないけれど、決して平和な世の中とは思えない。命の尊さ、生きること、死ぬこと、真の平和とは・・・自分なりに本気で考える必要がある。

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

今日、8月3日は、はちみつの日(^o^)

さっきセブンイレブンに牛乳を買いに行くと

8月3日は、『はちみつの日』とありました。私は、初めて知りました。

Img10_i

はちみつの日は、1985(昭和60)年、日本養蜂はちみつ協会と全日本はちみつ協同組合が、「8(はち)3(みつ)」という語呂合わせから、この日を記念日と制定しました。

はちみつは、日本では平安時代に宮中への献上品に使われるほど、貴重品とされていました。江戸時代には、家康の孫娘 千姫が、絹などとともに、はちみつ数百貫を持って嫁いだと伝えられています。

蜜蜂のひとつの巣は、大家族でできています。たった一匹の女王蜂と2千~3千匹のオス蜂と5万~6万匹の働き蜂が集まってくるのです。
はちみつは、アカシアやレンゲ、オレンジやクローバーなどのお花畑を元気に飛び交う蜂たちがもたらしてくれる自然の恵みなのです。

江崎グリコ株式会社   Copyright(C)EZAKI GLICO CO.,LTD. All right reserved.より。

セブンイレブン、菓子パンコーナーには『はちみつのパン』が2種類ありました。

思わずその中から1種類を朝から買って食べました。

Dscn3082

新発売はちみつホイップドーナツ

Dscn3083

朝から、甘くておいしい物を食べました(*^_^*)j

| コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »