« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月29日 (火)

今日の午後と夕食(^o^)

今朝、目が覚めると・・・・あれ?体が動かない・・・・痛っ・・・・腰が痛いm(_ _)m

こんなの初めて。。。。えっ。どうしょう・・・と思いながら起きる。

背筋を伸ばすと普通。顔を洗おうと腰を曲げると違和感が。。。。「どうする?休もうか?」と思いながらも職場に行く。今日も入所者の前では、満面の笑みを見せる。

午後から休み病院へ行きました。

レントゲンの結果、特に異常なし(^o^)。腰に注射をしてもらい、湿布と飲み薬をもらって家に帰りました(^o^) 

家も暑く、洗濯機を回して、ブログを書いて(他にるすことあるのにほったらがしm(_ _)m)

夕方まで睡眠です。目が覚めると元気に(^o^)。。。

夕食を食べないと。。。。

先生は、今夜は教会で勉強会があるため独りで食べました。。。

今夜は、ジョリーパスタへ行きました♪久しぶりです。。。

Dscn3014

本日のスープ

スープの中はパンです。柔らかくて美味しかったです(*^_^*)

Dscn3015

冷製 カッペリーニ

明太子・いくら・ヤリイカ

を食べました。冷たくておいしぃ(*^_^*)♪

この後、アイスコーヒーがつきました。

| コメント (4) | トラックバック (0)

「怒る」と「叱る」の違い

この前、「PHP」を読んでいると、田山敏雄さんという方の記事が目に付いた。

 人を導くなら、

     怒らず叱るべきである

怒る」行為には、計算もおもいやりもない。「叱る」行為には、私を本気で思いやるやさしさが感じとてた。

人を指導するためには、怒ってはいけない。命がけで叱らなければならない。

                                          (本文抜粋)

私も、以前公務員をしていた時に朝礼で怒る の違いについて課長が話されたのを聴いたことがある。

怒る」行為では、人が育たない・・・反感をかう。愛がない。でも、「叱る」行為は、愛がある。それは、その人間をよりよい方向に向かわせてやろうと、本気で、一生懸命にその人間の事を思い、叱るからである。これは、職場だけでなく夫婦関係、友人関係でも同じことがいえる。

最近は、怒る人は沢山いるが、叱ってくれる人がなかなかいない・・・身近では、自分のことを思って助言してくれるのは、私を息子のように可愛がってくださる 鎌田 達 先生 です。

しん(心)から、損得無しに本気で、お互いがお互いの事を思い、時には喧嘩しても良いので、なんでも言いあえる人が欲しいものです。

| コメント (4) | トラックバック (0)

言句集 穏やかに そして また 穏やかに より⑩

悲観にくれている者に

思いやりをかけるのは簡単だ

ただ

己が苦しみ 悲しんでいる時に

人に思いやりを

かけられるかどうかが問題だ

言句集 穏やかに そして また 穏やかに

                    平塩 清種 著

言われる通りだと・・・自分自身への戒めです。

普通の状態で、心に余裕がある時には人は人に優しくできると思いますが、自分自身が苦しみ、悲しい状態で、人の心配どころではない時に、はたして心を病んでいる人や心悲しい人達に寄り添い、思いやりの心をさしのべれるだろうか・・・

精神対話士は、喪失体験をした人や心に寂しさなどを負った人達の心に寄り添いながら対話をし元気になってもらうのが役目。精神対話士は、自分が悲しい時、苦しい時でも人に思いやりをかけれる人でなくてはいけないと思う。

う~ん、私は・・・?はっきりいって、あまり自信がないm(_ _)mたぶん心の中では、対話しながら、「私も自分の事で今は苦しいのだ」と思ってると思う。。。

自分が苦しい時に、自分の事よりも相手の事を心配できる。。。素晴らしいです。

その様な人になれるようにしたいです。

そのためには、日頃からの人を思う気持ちを高め、自分自身が大変な時の心をケアしてくれる友でも何でも良いので、発散できるものを持っておく必要があるように思う。

| コメント (2) | トラックバック (0)

精神対話士の仲間の活躍記事(^o^)

私と同じ精神対話士という資格を取得し活躍しようとしている人、活躍している仲間が増えている。

精神対話士になる人の職業も様々です。看護師や一般の主婦、医師、学校の先生、会社員・・・。

(財)メンタルケア教会ホームペジの報道記事より最近のものを紹介します。

2008.6.20 「北陸中日新聞」

  学生の悩み受け止めたい 話を聴くひたすらに
 - 県内学校で初活動 -

200806203

県内の学校に精神対話士が入り活動を始めた。
坂尻精神対話士は「学生とこれからどうするか、どうしたいかを一緒に考え、そして良いところを褒めていきたい」などの抱負を語った。学校側は「先生や友人に言いづらいこともあり、精神対話士に話して気持ちを軽くして欲しい」と精神対話士に期待を寄せている。

2008.6.20 「釧路新聞」

  道東初「精神対話士」が誕生
 - 心支えて解決に導く -

200806202

精神対話士が初めて道東地域に誕生した。釧路市の馬渕さんは昨年まで病院で看護師として勤務していたが、「患者さんの身体を治すだけでなく、心を癒す必要を強く感じた」ことから、精神面のケアに取り組むことを決意した。養成講座に通い、難関の試験に合格した。「真心の対話を通じ、その人の苦しみ、悲しみに共感し、心の支えになりたい」と語っている。

2008.6.20 「山陰中央新報」

  精神対話士の資格取得
 - 悩み持つ人の役に -
 

200806201 島根県安来市の岩崎さんが県内で6人目の精神対話士に合格し、「心の悩みを持つ人たちの役に立ちたい」と抱負を語った。

2008.6.10 「陸奥新報」

  心のケアへ悩みを共有 学生と学校の懸け橋に
 - 本県教育現場に初の精神対話士 -

200806101 「聴く」ことに徹する―。青森県の寺山静夏精神対話士が秋田県と青森県の大学校でスクールカウンセラーとして活動を開始している。 学生を通し、関係者すべての懸け橋となり、退学を考えるなど不安定な学生に対し関係者と協力して活動をしている。「悩んでいるときは孤独。だけど決して一人じゃない。心配する人が必ずそばにいる。私をそばにいる人として位置づけてくれたら」と意気込んでいる。

2008.5.1発行 「STORY」2008年5月号(光文社)
        (ストーリー)

  医学が進歩しても心を癒すことは難しい
   ・・その実感から精神対話士の資格を取得
 200805011

精神対話士で内科医でもある井村博美さんへのインタビュー。
医学と科学が進歩しても、心の苦しみを癒すことは難しいと自らの体験を通し語っている。話しを聴いてもらうことの大切さを実感し、精神対話士の資格を目指し合格した。
医師の仕事と19年秋から精神対話士として「心の糸がもつれたクライアントのところに出向いて話を聴き、側に寄り添い、共感する」メンタルデリバリーの仕事が始まった。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

言句集 穏やかに そして また 穏やかに より ⑨

明日 明後日 来年と

先に望みをかけて生きることは

        大切なこと

しかし

それよりもっと大切なことは

今 目の前に起きていることに

     全力で立ち向かう姿勢だ

その積み重ねが

いい明日 いい将来に

        つながっていく

言句集 穏やかに そして また 穏やかに

                    平塩 清種 著

どんな小さな事でも、決して軽んずことなく一生懸命にコツコツとこなしていく、できるできないは別にして、そのやろうとする姿勢が大切なのだと思います。その日々の努力の積み重ねが将来につながっていくのだと思います。それを継続し実行することは難しいですが、マイペースでゆっくり休みながら行っていきたいです

| コメント (2) | トラックバック (0)

子猫がネコをコネコネもみもみ按摩師~まはろさんのブログから~

お友達のまはろさんのブログBlogPets' Islandに遊びに行きますと、子猫がネコをあんましている画像を紹介されていました(*^_^*)

とっても可愛くて愛らしく、心が和らぎます♪本当に可愛いです(*^_^*)

YouTub『子猫がネコをコネコネもみもみ按摩師』←こちらをクリックしてください♪

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

病気になったら~がん患者会『シャローム』さんのブログに記載されていた詩の紹介(^o^)~

今日は、がん患者会『シャローム』様のブログに記載されていた詩がとても素敵でしたので、許可を得ましたので私のブログでも紹介させて頂きました。

素敵な詩です。

人それぞれに想いが湧いてくると思います。

今、何らかのことが原因で心が沈んでいる人、原因が分からずに何かしら悩んでいる人・・・・この詩を読んで、生きる元気や希望が湧いてきたら嬉しいです(*^_^*)

病気になったら どんどん泣こう
痛くて眠れないといって泣き
手術がこわいといって涙ぐみ
死にたくないよといって めそめそしよう
恥も外聞もいらない
いつものやせ我慢や見えっぱりを捨て
かっこわるく涙をこぼそう
またとないチャンスをもらったのだ
自分の弱さをそのまま受け入れるチャンスを

病気になったら おもいっきり甘えよう
あれが食べたいといい
こうしてほしいと頼み
もうすこしそばにいてとお願いしよう
遠慮も気づかいもいらない
正直に わがままに自分をさらけだし
赤ん坊のようにみんなに甘えよう
またとないチャンスをもらったのだ
思いやりと まごころに触れるチャンスを

病気になったら 心ゆくまで感動しよう
食べられることがどれほどありがたいことか
歩けることがどんなにすばらしいことか
新しい朝を迎えるのがいかに尊いことか
忘れていた感謝のこころを取りもどし
この瞬間自分が存在している神秘
見過ごしていた当たり前のことに感動しよう
またとないチャンスをもらったのだ
いのちの不思議を味わうチャンスを

病気になったら すてきな友達をつくろう
同じ病を背負った仲間
日夜看病してくれる人
すぐに駆けつけてくれる友人たち
義理のことばも 儀礼の品もいらない
黙って手を握るだけですべてを分かち合える
あたたかい友達をつくろう
またとないチャンスをもらったのだ
試練がみんなを結ぶチャンスを

病気になったら 必ず治ると信じよう
原因がわからず長引いたとしても
治療法がなく悪化したとしても
現代医学では治らないといわれたとしても
あきらめずに道をさがし続けよう
奇跡的に回復した人はいくらでもいる
できるかぎりのことをして 信じて待とう
またとないチャンスをもらったのだ
信じるよろこびを生きるチャンスを

病気になったら 安心して祈ろう
天にむかって思いのすべてをぶちまけ
どうか助けてくださいと必死にすがり
深夜 ことばを失ってひざまずこう
このわたしを愛して生み 慈しんで育て
わが子として抱きあげるほほえみに
すべてをゆだねて手を合わせよう
またとないチャンスをもらったのだ
まことの親に出会えるチャンスを

そしていつか 病気が治っても治らなくても
みんなみんな 流した涙の分だけ優しくなり
甘えとわがままを受け入れて自由になり
感動と感謝によって大きくなり
友達に囲まれて豊かになり
信じ続けて強くなり
自分は神の子だと知るだろう
病気になったら またとないチャンス到来
病のときは恵みのとき

晴佐久 昌英 著: 「だいじょうぶだよ」 より  女史パウロ出版

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

心にやすらぎと温もりを運ぶ前田 美誉子 先生の絵

こんばんは。今日は、私の友人で福岡在住の先生の紹介です。

名前は 前田 美誉子 先生です。

プロフィール                                     

         タイ国立シラパコーン大学名誉教授

         アトリエ klen.kűnstler.zimmer

         洋画家  前田 美誉子

         福岡県在住

所 属   ハプスブルク宮廷芸術会員

経 歴   群炎美術展 奨励賞/欧州文化首都2001受賞/日蘭芸術名誉作家認定
        JAPAN EXPO2002日米文化功労賞/DALI&GALLEリーインカーネーション
      特別勲章受章

     個 展  国内2回

前田先生の描く絵は夢があり、心をほんわかさせてくれます。私も幾つか前田先生の絵を持っています。ヨーロッパをはじめ、海外でご活躍されている先生です。先生も人の気持ちの分かる人で、「一人でも多くの方が自分の絵を見て、心が和んでくれて、元気になって欲しい」と話されます。

実は、メンタルケア養成講座(精神対話士)についても先生に相談しました。先生の友人には、東京や福岡にお医者様が多く、聞いて頂きまして、「信頼できるこれからの資格、でも100人で10人位しか合格できない。合格したらすごい!何回しても受からない人もいる・・・他の資格と違って詰め込みでは駄目みたい・・・駄目もとで、勉強だと思って受けなさい・・・私の絵を持ってる人は何故か、出世したり、運が良くなるの、あなたも、合格すると思う」と先生が励ましてくださいました。

タイトル「ドリーム」 (パステル画)                                                                                                Dscn0576

                                 

(平成18年9月 精神対話士合格祝い)   

タイトル「ゆめみるテディベア」 (パステル画)

Dscn0578_1

先生の画の評価格は1号(はがき1枚サイズ18万円)*アートジャーナル社発行(バイヤーズ・ガイド・ジャパン)

先生は、油絵もお描きになりますが、お客様からは、パステル画の発注が多いそうです。友人の結婚式のお祝いや出産のお祝い、新築祝いなどで、先生の画を求められる方が多いとか。

メルヘンのような可愛らしいのが特徴で、先日は新婚のご夫婦がお求めになられたそうです。先生の絵は見ていて飽きがきませんし、自然と心やさしくなり、思わずほほえみを浮かべてしまいます。見ている者を優しく包み込み、みんなを絵のとりこにしてしまうことでしょう。
                               

                 Plant013               

     

| コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

メンタルケアのスペシャリスト養成講座から。「医の心Ⅰ」~白血病で亡くなった少年の医師と看護師宛の遺書~

精神対話士になるためには、メンタルケアのスペシャリスト養成講座をまず受講しなくてはいけません。

私が、福岡会場で受けた講義の中で、「医の心Ⅰ」講師 竹下 彰 九州大学名誉教授の講義がありました。その時に頂いた資料『医師になる君たちへのメッセージ「医はアート」とは何かー』が素晴らしいので、その中から詩を紹介します。

この資料は、竹下先生が九州大学医学部三年生の最後の講義で話された内容が記載されていました。このような大切な内容の資料を精神対話士をめざす私たちのために惜しみなく提供してくださいました。

この詩を先生が読まれた時、会場にいた約130人もの受講生のほとんどが涙したのをいまでも鮮明に覚えています。

白血病で亡くなった少年の医師と看護師宛の遺書

                    (浜松聖隷病院 斉藤武牧師 紹介

「僕は、死を目の前にした十三歳の男の子です。それで、今、この手紙をお医者さんや看護婦さんに向かって書いています。今の僕の気持ちを知ってもらって、これからのち、いつかまた、僕のように死を迎えつつある患者さんに出会うとき、もっと良いお医者さんや看護婦さんになってもらえたら、と願っています。

・・・あなた達は、僕のそばにこそっと入って来て、薬を与え血液を測り、逃げるように出行きます。どうしてそうなのですか? 

・・・僕には、あなた達が僕のそばに来るのを恐れているのがよく感じられます。なぜ、そんなに怖がっているのですか?死に直面しているのは、あなた達ではなくて、僕なのですよ。あなた達が、僕に何を言ったらよいのか、何をしてあげたら良いのかわからない自信のない気持ちはよくわかります。でも、僕の言うことを、どうか信じてください。

もしも、あなた達が本当に僕のことを思いやってくださっているのでしたら、どんなことをしても、また言ってもまちがいではありません。

 僕たちは『どうして死ぬのか』だの『どこへ行くの?』とか、山ほど質問をするかもしれませんけれども、本当は答えなんかいらないのです。ですから、僕から逃げないでください

ちょっと待って欲しいのです。僕が心から望み、願っているのは、誰かがそばにいて、僕の手をにぎってくれる人が欲しいのです。僕は、ひとりでは恐ろしいのです。死なんて、あなた達にとっては、日常見慣れていることかもしれません。でも、僕は初めてのことだし、まったく新しいことなのです。あなた達にとって、死なんて別段珍しいことではないかもしれません。でも、僕は、まだ死んだ経験がないのです・・・

 僕は、もっとあなた達と話したいと思います。そして、そうすることが、それほどあなた達の時間を取ることではないと思うのだけれど・・・。それに、どうせあなた達はかなりの時間病院にいるのですし・・・。ただ、僕は、あなた達ともっと正直に素直な気持ちでお互いの恐れを話せて、心からかかわれたらと思います。・・・もし、かりにあなた達が、僕の手をにぎってくれて、共に涙を流してくれたら、友人や家族に囲まれて死ぬことも、それほど困難でつらいことではないでしょう。」

この詩は、皆さんの心にも響いたでしょうか?届いたでしょうか?。

これは、単に病気の人に対してだけではなくて、高齢のお年寄り、災害・被災児・・・世の中のすべての弱い立場の人たちとの関わり方について言えると私は思います。

| コメント (9) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

第104 回メンタルケア・スペシャリスト養成講座(札幌会場)平成20 年8 月開講

メンタルケアのスペシャリスト養成講座(札幌会場)のご案内です。

精神対話士になるためには、下記の講座(基礎・実践)に合格し、集団面接と個人面接の試験に合格しなくてはいけません。

札幌会場、間もなく講座が開催されます。締め切り間近ですので、メンタルケアに興味のある方、精神対話士に興味のある方はぜひ講座に申し込みをお急ぎください。

第104回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
(札幌会場)平成20 年8月開講

基礎課程日程:平成20 年 8/3(日),10(日),23(土),24(日),.30(土) 5 日間(15 講座)


時 間:午前 10:00~午後 4:45

実践課程日程:平成20年10/13(月・祝),18(土),11/2(日) 3 日間(7 講座)


時 間:午前 10:00~午後 4:45

(但し3 日間のうち1 日については午前10:00~11:15)
会 場:【基礎か的】

    北海道立道民活動センター[かでる2・7](札幌市中央区北2 条西7 丁目)
    JR「札幌」駅・地下鉄「さっぽろ」駅 徒歩12 分 ほか

    【実践課程】
    札幌市教育文化会館(札幌市中央区北1 条西13 丁目)
    地下鉄東西線「西11 丁目」駅より徒歩5 分 ほか

お 振 込 先 :(基礎課程受講料 13 万円)
三菱東京UFJ銀行 表参道支店 普通 2105026 財団法人メンタルケア協会

※ 定員になり次第締め切らせていただきます
※ 日程、会場などについては、都合により一部変更となることがあります

詳しいお問い合わせ先

(財)メンタルケア協会

〒107-0061

東京都港区北青山2-11-10 青山野末ビル102

資料請求電話 03-3405-7282

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

大分県内の小学校でも終業式、校長名のない通知表もYOMIURI ONLIN読売新聞から。

昨日は、全国的に小・中学校では、終業式があったようです。子供にとっては、待ちに待った楽しみの夏休みです。

お子様をお持ちのお母様にとっては、大変なようです。

新聞、テレビでは毎日のように大分県教員採用を巡る汚職事件の報道がなされています。

各県でも調査し始めていますが、合否について事前に(合格発表前)に県議に教えていたりしていた所もあるようです。

下記の記事を読んでの感想ですが、学校の子供達も可哀想ですが、元同課参事・矢野哲郎被告(52)(贈賄罪で起訴)と妻の同市立重岡小教頭・かおる容疑者(50)の長女も可哀想に思いました。たぶん、そんなことをして合格していたとは思わなかったと思います。

記事によりますと、「長女は、市内の小学校に在籍。長女は両親が再逮捕された後、学校を休んでおり、終業式にも姿を見せなかった・・・」とあります。

今の長女の心境を考えると、悲しさ、恥ずかしさ・・・いろいろと心の中にうずまいて、夢なら早く覚めてほしい心境だと思います

色々の事件全てでしょうが、被害者の人たちや家族の心のケアは勿論大切なのですが、被告の家族や子供達のメンタルケアも同じように大切なのではないかと思うのです。

皆様は、どうお考えでしょうか?

大分県内の小学校でも終業式、校長名のない通知書も

教員採用を巡る汚職事件に揺れる大分県内のほとんどの小中学校で18日、1学期の終業式が行われた。

 教員採用と管理職任用試験を巡る不正が表面化した同県佐伯市では、小学校33校中4校で、校長または教頭が不在のまま夏休みに入った。

 元校長の浅利幾美被告(52)(贈賄罪で起訴)が勤務していた同市立蒲江小には、後任の岡松寛校長(53)が17日に着任したばかり。

 終業式は報道関係者をシャットアウトして行われ、会場の体育館からは子どもたちの元気なあいさつが聞こえた。

 元県教委義務教育課参事・江藤勝由被告(52)(収賄罪で起訴)に10万円分の商品券を贈り、県警佐伯署に事情説明に出向いた女性校長(50歳代)が勤務する小学校では、不在の校長に代わって市教委学校教育課長が出席。校長名のない通知表を子どもたちに手渡した。

 元同課参事・矢野哲郎被告(52)(贈賄罪で起訴)と妻の同市立重岡小教頭・かおる容疑者(50)(贈賄容疑で逮捕)夫婦が採用に便宜を図るよう江藤被告らに依頼したとされる長女は、市内の小学校に在籍。長女は両親が再逮捕された後、学校を休んでおり、終業式にも姿を見せなかった。担当しているクラスは男性教諭が代理で受け持っているが、通知表の所見欄は長女が記入したという。

(2008年7月18日11時49分  読売新聞)

| コメント (0) | トラックバック (1)

第109 回メンタルケア・スペシャリスト養成講座(福岡会場)平成20 年11 月開講

メンタルケアのスペシャリスト養成講座(福岡会場)のご案内です。

精神対話士になるためには、下記の講座(基礎・実践)に合格し、集団面接と個人面接の試験に合格しなくてはいけません。

福岡では、今年3月にメンタルケアのスペシャリスト養成講座がありましたが、申し込み者多数だったので、今年は秋にも開講することになりました。

第108 回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
(福岡会場)平成20 年10 月開講

基礎課程日程:平成20 年 11/23(日・祝),11/29(土),12/7(日),14(日),21(日) 5 日間(15 講座)
時 間:午前 10:00~午後 4:45

実践課程日程:平成21 年 2/8(日),11(水・祝),15(日) 3 日間(7 講座)


時 間:午前 10:00~午後 4:45

(但し3 日間のうち1 日については午前10:00~11:15)
会 場:ももちパレス (福岡市早良区百道2-3-15)
地下鉄 「藤崎」駅 徒歩1分

お 振 込 先 :(基礎課程受講料 13 万円)
三菱東京UFJ銀行 表参道支店 普通 2105026 財団法人メンタルケア協会

※ 定員になり次第締め切らせていただきます
※ 日程、会場などについては、都合により一部変更となることがあります

詳しいお問い合わせ先

(財)メンタルケア協会

〒107-0061

東京都港区北青山2-11-10 青山野末ビル102

資料請求電話 03-3405-7282

| コメント (2) | トラックバック (1)

『草の想い』~映画「ふたり」愛のテーマ~

ふたり』は、赤川次郎の小説。1989年1月新潮社刊。

大林宣彦監督により1991年に映画化された。「新・尾道三部作」の第一作目。

中嶋朋子さんがお姉さん役、石田ひかりさんが妹役でした。事故で死んでも亡霊となって現れて愛する妹に良い添い、励ましていく。『草の想い』は劇中歌。

今、目の前にある自分が関わっている全ての人や物は時が過ぎればいつかは自分の目の前から姿を消してしまう。でも、心の中で自分が生きている限り生き続けているのだと思います。

何度、聴いても心に響きます。映画も素敵で何度もDVDを借りてみました。

草の想い (クリックすると歌と尾道の画像が見れます

(前半、大林宣彦岩徳 後半を作曲の久石譲が歌っています。)

作詞:大林宣彦 作曲:久石譲

昔ひとのこころに 言葉一つ生まれて

伝えてねこの声を 草の想い

風にこの手かざして 見えない森尋ねて

あなたの唄を捜して かくれんぼ

私の足音を聞いてね 確かな前を見てね

そして今は言わないで

独り砂に眠れば ふたり露に夢見て

よろこびと悲しみの 花の宴

時は移ろい行きて ものはみな失われ

朧に浮かぶ影は 人の想い

いまは遠い心に 寂しく憧れ来て

あなたの夢にはぐれて かくれんぼ

私の唄声を聞いてね 遙かな笑顔を見てね

そしていまは抱きしめて

時は移ろい行きて ものはみな失われ

朧に浮かぶ影は 人の想い

ひとり砂に生まれて ふたり露に暮らせば

よろこびと 悲しみの花の形見

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

福澤心訓

素敵な言葉を見つけたので紹介します(^o^)

福澤諭吉が作ったしたと言われている教訓だそうです。

一、世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。

一、世の中で一番みじめな事は、人間として教養のない事です。

一、世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。

一、世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です。

一、世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。

一、世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です。

一、世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

昨日、嬉しい日でした(*^_^*)

先日、点滴の時、付き添ったおばあちゃんは、元気です♪

今日もベットサイドに行き、いつものように、「ばあちゃん、元気?」と顔を近づけて、手をにぎりほっぺをすり寄せて挨拶をすると、「ああ、元気」と笑顔で応えてくださる♪元気といっても100歳を軽く超えているのだから、暑さに参っておられるm(_ _)m

午後は、精神科デイケアに勤務の日でした。

私の所の精神科デイケアには、精神保健福祉士1名と看護師1名が常勤でいます。私は、週2回午後に手伝いで入っています。

今日の午後は、「カラオケに行こう」の日でした。デイケアの利用者メンバーの4人が行かなかったので、私がスタッフで残りました。

すると、メンバーAさんから「聴いてほしいことがあるのですが。」と相談ごとの依頼があり、対話をすることに.。。。。

【相談の内容】

デイケアに来だして、5年になろうとしている。仕事をしないといけないと思う。このままでは行けないと思う・・・・最近は、薬のおかげだと思うのですが、夜も良くねれるんです。前は寝れなくて。幻聴もよく聞こえてきていたのですが、今は、聞こえるけど以前ほどではないです。週に2日くらいで1時間~3時間程度の仕事が良いのですが。父と母に相談すると、「以前のように働くことはできないだろう。毎日休まずに行く必要はあるし、急に今から休みますとかも普通はできない」と言われました。

【私がしたアドバイス】

すぐに働くというよりも、まず、自分の好きなこと、やりたいこと、興味のあることを考えた方が良いと思います。夢でも良い。できる、できないは別にして自分が興味のあることは何かを考えて仕事を探す方がよいです。嫌な仕事をしても続かないです。好きな仕事なら続くでしょう。

今は、それらを考え、その仕事のために必要な勉強を(資格など習う)したり情報を集めたらよいと思います。Aさんの体調と相談しながらです。あせってはいけません。疲れるだけです。ゆっくりと探していったら良いのです。体調と相談しながらマイペースでね。

それと、Aさん自分に自信を持ってください。Aさんは、元気な時は、大きな会社で仕事をこなしていたのです。今は、病気になってできなくなってるけど、その事は、誇りですし自信をもって良いと思います。「私は、何にもできない・・・」と思わないで。マイナス思考ではなくて、物事はプラス思考です。良いときのことを思うことでイメージトレーニングしていくのです。

対話の後

表情に明るさがでて、「そうですね。焦っても仕方ないし、無理して嫌な仕事について、また病気がひどくなって入院とかもいやです。話を聴いてくださりありがとうございます」と言ってくださる。

そんな事がありました。笑顔が見れてよかったです。

次に、今日は、待ちに待ったボーナス日でした(*^_^*)

Dscn2972 今日は、職場の先輩と夕食を食べにいきました。

私が食べたのは、若鶏のからあげ定食

唐揚げが熱々で、かみ締めると、中からじゅわ~っとアブラが出てきてとても美味しかったです♪(*^_^*)

Dscn2974 こちらは、先輩が食べた一口カツ定食

日頃の給与が少ないのでボーナスがカットなしにでるのは助かります。これで秋には東京で行われる精神対話学会にも行けます。(もう申し込みとか参加費は支払ってます(*^_^*))

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

そらさんのブログの詩から

今日、紹介するのは、以前に紹介しました、そらさんのブログからのものです。

前に紹介した詩についてはここをクリックしてください。

この詩も素敵です。昨年6月1に記載された詩です。今、この人は、自分の心と葛藤しながらも自分の夢や目標に向かって頑張っていらっしゃるようです。

自然そのものを感じて生きていられることに感謝。

でも

この心の闇はどうしようか。

誰もがもってる、深い深い真っ暗な場所。

色んな、嫌な気持ち。

それが、私の中で渦巻いてるのがわかる。

不安で仕方がない。

情けなくて仕方がない。

消えてしまいたくなる。

私みたいな人間が生きているより、

生きることをもっと大切に出来る人に

私の時間を与えるべきだ

と、思ってしまう。

苦しくて仕方がない。

逃げてしまいたい。

でも

それじゃだめなのもわかってる。

私の時間は私にしか使えない。

臓器提供とか、そうゆう意味でなくてね。

大切にしなければならない。

「生きる」というあり得ないくらいの奇跡

このチャンスを

どうして無駄に出来よう。

不安であるのは仕方ない。

生きているんだから。

自分を真剣に考えられている証拠

そう思いたい

苦しんで苦しんで

何かを掴みたい。

何も考えず

ただ日々を重ねていくだけじゃ

何かを得られなきゃ

きっと

私は生きている意味を見失う。

考えることが

生きること

行動を起こすことが

生きること

苦しむことが

生きること

生きているから

苦しくて楽しい。

さぁ、前を向こう。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

昨日嬉しかったこと(*^_^*)~精神対話~

昨日は、職場で嬉しかったことがあり、その事を記載します。

私は、老人施設に勤めています。施設に勤めて4年が経ちます。

その時、100歳でしたAおばあちゃん、今も元気で、8月の誕生日で105歳を迎えられます。でも、最近の暑さで疲れ気味です(>_<)。食事もあまり食べれなくなってます。

私は、ほとんど勤めだしておばあちゃんを知ってからほとんど、毎日ベットサイドに行き対話をしてきました。(過去の記事、精神対話士けいちゃんの103歳のおばあちゃんとの心とこころのふれあい

昨日、私は、いつものように認知症棟に昼から入っていました。そうしてますと、3時ごろ職員が私を呼びにこられました。「Aさんが、今から点滴をするから見守りをずっとしてあげてほしい。」とのことでした。

今までは、対話とかしていても、余りよく思わなかった看護職員さん達が多かったのですが、昨日初めて・・・

婦長さんからは、「大変だけど、頼むね。手とか動いたら駄目だから見守りを頼みます」と。あなたは、いつもAさんの所に来てあげていたから、Aさんも喜ぶと思って」と言われました。

おばあちゃん、「はあ、はあ」言いながら私をみるといつものように、「あんたどこから来たん?遠いん?」と色々と話してくれました。私の手を預けると、手をさばって、「大きい手」と喜んでくれました。途中、笑顔で笑ってくれたりもしました。

点滴が終わったのは、夕方4時30分頃でした。少し元気になってました。

先ほど、おばあちゃんの様子を見に施設に行きました。ベットの上でいいこしてました(*^_^*)自分の手で遊んでいました(*^_^*)私が話しかけると手にさばりついてくれました(*^_^*)分かれる時は、「また来てね」と手を合わせて言ってくださいました。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

今日は、7月10日、納豆の日(^o^)

今日は、いつも夕食を共にしている苑長先生が用事のため、今夜は独りで食べました。

今日は、7月10日、納豆の日です。

それで、以前にお友達のコロさん、まはろさんから教わった、「納豆トースト」を作って食べました(^o^)

Dscn2971

今夜作って食べた「納豆トースト」です。

中身は、納豆、マヨネーズ、明太子、とろけるチーズ、それと、ゴボウとササミのサラダを載せました。

まずまずでした。教わってから何回も作っています(*^_^*)

お友達のコロさんの6月10日の記事に紹介されていました。元々はお友達の「まはろ」さんの6月10日のブログに記載されておられたそうです。レシピはコチラです。

                     (以前の記事から引っ張ってきました(*^_^*))

| コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

世の中が変、悲しいです(>_<)

今、YOMIURI ONLINE・読売新聞の記事を読んでびっくりしました。

記事の内容は次の通りでした。

9歳女児がネットで殺人予告、

両親知らぬ間に自宅PCから

福岡県警は8日、インターネットで殺人予告をしたとして、県内の小学4年の女児(9)を軽犯罪法違反(業務妨害)の非行事実で児童相談所に通告した。

Click here to find out more!

 発表によると、女児は6月28日午後7時20分ごろ、自宅で両親のパソコンを使って、インターネットの掲示板サイトに、同県内の自治体名を具体的に挙げたうえで、「明日、下校中の4年生を殺す」と書き込み、警察に警戒態勢を取らせて業務を妨害した。女児は「いたずらで書き込んだ」と話している。

 両親は、女児が書き込んだことを知らなかったという。

(2008年7月8日19時53分  読売新聞)
何で?!何で小学生の子供までが、このようなことをする時代になったんだろう。。。
おかしい、おかしい、秋葉原の事件以降、いたずらで書き込んでいる人が増えたり、同じような事をした人があるようだ。
悲しい、本当に悲しい時代です。
対話とか、人とのコミュニケーションが無くなってきている。
自然も環境も破壊され、温暖化問題・・・物価の高騰・・・医療問題・・・人の心も荒んできたように感じます。
時代が、急激に進歩し過ぎたから、その代償が今、現れてきているように感じます。
色々の事で心を病んでいる人たち本人・その家族の人たち、(財)メンタルケア協会に電話して精神対話士を派遣してもらってください。
精神対話士派遣の問い合わせ、お申し込みTEL03-3405-7270(代)
精神対話士と対話していくことで、必ず生きる勇気と元気を心の中で生まれてきます。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

私と貴方(職員)の8の約束

前に月刊デイの本から見つけた記事です。読んでいますと、涙が溢れてきました。大切なこと、肝に命じなくてはいけないと思いました。

1、私が言うことはいつも真実です。だから私を信じてください。

  それだけで私は幸せです。

2、貴方の笑顔が嬉しくて、貴方の怒りが恐縮です。私にも心があること

    忘れないでください。

3、怒ったり、無理強いしたりしないでください。言うことを聞かないのには

  理由があるのです。

4、私に一度にたくさん話しかけないでください。1つずつゆっくり

  話してくれれば、通じ合えます。

5、私をたたいたり、ののしったり、馬鹿にしないでください。私は

  決して貴方を馬鹿にしたりしません。

6、貴方たちには、友だちもいるし、遊ぶところもたくさんあります。

  でも、私には、ここしかありません。貴方しかいません。

7、私は、あとわずかしか生きられません。だから、できるだけ私と

  一緒にいてください。

8、私が死ぬときは、お願いです。そばにいてください。

  そして、覚えていてください。私が貴方を愛していたことを。

| コメント (4) | トラックバック (0)

お年寄りとの対話から。

介護老人保健施設には、色々の職種の人が勤めています。

私の勤めている所では、

医師、作業療法士、看護師、ソーシャルワーカー{社会福祉士・精神保健福祉士

(精神科病院)}、ケアマネージャー、管理栄養士、園芸療法士、音楽療法士、アロマセラピー 

私は、リハビリ助手なので、作業療法士の人達と一緒に行動します。

さて、今日は、私が施設に勤めて1年くらいたった時のお年寄りと職員との対話のやり取りを思い出したので記載してみます。

毎年3月になりますと、苑の玄関前におひな様の人形を飾ります。施設のお年寄りを玄関のところまで連れて行き散歩がてら、話をしながら昔を思い出してもらう事をします。(回想法)まあ、それ自体は、素敵なことだと思います。お年寄りの気分転換にもなります。大変喜ばれます♪

ただ、対話する時の質問の内容に私は、驚いてしまいました。まだ、精神対話士の勉強とかしてない時です。

職員さん : 「Aさん、小さい時に家でおひな様を飾ってもらったりしましたか?

子どもさんにしてあげましたか?

みなさんは、これをどう思われたでしょう。

私は、福祉の世界は勉強して無いので詳しいことは知りませんが、その質問を聴いて、私が頭によぎったのは、「えっ・・・いま90歳近い人が、おひな様なんて贅沢品で家に買ってもらえた人なんてめったにないはず。。また、戦争で、それどころでは無いだろう・・・食べるのに必死だったのでは?」と思いました。

私の対話では、そんな事は聞かない。「綺麗なね。。。Bさんの時代は、このようなおひな様とかお祝いどころでは無かったでしょう。。。日々食べて生きる事で精一杯なものね。日本中がそうだったのでしょう。。。」と切り出す。そうして、当時の日本の暮らしなどを思い出して対話が広がっていったのです。

今、精神対話士の資格を取得したのですが、これが間違ってなかったことを確信しています。勿論、ひとりひとりで質問も少し変わります。年齢もあるし街に育った人と田舎のお百姓の家に生まれた人によっても違うのです。

対話をする時に大切なのは、その人の生きてきた時代背景なのです。戦後の私たちのように裕福になってきた時代とは違うのだということ。

歌にしても同じです。その人の生きてきた時代の歌が大切なのです。

今のお年寄り戦前の生まれの人は、修身とか教育勅語とか・・・・歌は、青い山脈、高校3年生、演歌なら、約20数年前のヒット曲ならOK

そう言ったことをお年寄りから聴かせてもらい、私たちは学ばせて頂かないといけないのです

それがほとんどできていない様に感じるこの頃です。。。勤めた時から思ってることです。。。それでも、最近は対話の大切さが理解されつつあるように思います。

ああ・・・もったいない。。。論文に書けばよかったm(_ _)m。あとから気づくから・・・・日頃から取り組まないと駄目ね。次回の論文にいれましょう(*^_^*)

| コメント (4) | トラックバック (1)

2008年7月 5日 (土)

サンセット・メモリー~炎の犬主題歌~

炎の犬1981年1月6日から同年3月31日の間、毎週火曜日21:00~21:54に日本テレビ系で放送されたテレビドラマの主題歌です。

ドラマは、見て無かったのですが、曲は流れているのを聴いたことがあって大好きです。

せつない曲ですが、なつかしく・・・大好きな曲です。

サンセット・メモリー  (クリックすると歌が流れます)

歌  :杉村尚美
作詞:竜真知子 作曲:木森敏之

はるかな夕日 それは
悲しい季節つらぬいた 愛のシルエット
忘れたはずの ララバイ
幸せすぎたあの頃が 心にじませる

ブロンズの風の中 見つけたメモリー
悩みなき遠い日の 私になって
あの人の胸の中 かけてゆきたい 
あの日のまま
ブロンズの風の中きらめくメモリー
幸せを手放した 人は迷い子
何気なく見送った 後ろ姿が
ただ一度だけの 愛と気付いた あの日

歩き疲れて Far away
うつむく心癒すのは 今も貴方だけ
離ればなれの時が
きっとこの愛強くする ひとり信じてる
ブロンズの風の中 見つけたメモリー
悩みなき遠い日の 私になって
あの人の胸の中 かけてゆきたい 
あの日のまま

ブロンズの風の中 きらめくメモリー
幸せを手放した 人は迷い子
何気なく見送った 後ろ姿が
ただ一度だけの 愛と気付いた あの日
愛と気付いた あの日

| コメント (2) | トラックバック (0)

第108 回メンタルケア・スペシャリスト養成講座(広島会場)平成20 年10 月開講

今日は、メンタルケアのスペシャリスト養成講座(広島会場)のご案内です。

精神対話士になるためには、下記の講座(基礎・実践)に合格し、集団面接と個人面接の試験に合格しなくてはいけません。

第108 回メンタルケア・スペシャリスト養成講座
(広島会場)平成20 年10 月開講

基礎課程日程:平成20 年 10/26(日),11/2(日),16(日),23(日・祝),30(日) 5 日間(15 講座)
時 間:午前 10:00~午後 4:45

実践課程日程:平成21 年 1/11(日),25(日),2/1(日) 3 日間(7 講座)


時 間:午前 10:00~午後 4:45

(但し3 日間のうち1 日については午前10:00~11:15)
会 場:広島経済大学 (広島市安佐南区祇園 5-37-1)
JR「下祇園」駅よりスクールバス ほか

お 振 込 先 :(基礎課程受講料 13 万円)
三菱東京UFJ銀行 表参道支店 普通 2105026 財団法人メンタルケア協会

※ 定員になり次第締め切らせていただきます
※ 日程、会場などについては、都合により一部変更となることがあります

詳しいお問い合わせ先

(財)メンタルケア協会

〒107-0061

東京都港区北青山2-11-10 青山野末ビル102

TEL.03-3405-7270(代)

資料請求電話 03-3405-7282

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

いつか見る虹~“モルダウ”から~

今日紹介するのは、今NHKの『みんなの歌』で流れている歌です。

この前から、施設でリハビリ室でお年寄りの訓練をしている時に、ホールにあるテレビから良く流れてくる曲が凄く気に入りました。お年寄りの人たちのみんな聴いておられました。どこかで聴いたことのある曲でした。さだまさしさんが歌った曲で『男は大きな河になれ~モルダウより~』です。映画「次郎物語」の中で流れてました。

詩も素敵だと思いました。

この詩の中で、

悲しいだけでは泣きません あなたの心も 凋むから

あたたかな心に 触れたとき思わず涙が こぼれます

ここを読んだ時、NHK 『プロフェッショナル 仕事の流儀』で淀川キリスト教病院で、がん看護専門看護師 田村恵子さん「人は悲しくて泣くのではなくて、真実に触れたことで泣く」とおっしゃっていたことを頭によぎりました。

素敵な歌です。

いつか見る虹~“モルダウ”から~ クリックしますと歌が流れます

           作詞・作曲 イルカ

愛する者のいる事は 幸せな事と思うけれど

出逢いがあるなら 別れも訪れ

喜び悲しみ背中合わせ

せめてここに生まれた事を

愛おしく思えば


悲しいだけでは泣きません

あなたの心も 凋むから

あたたかな心に 触れたとき

思わず涙が こぼれます


春の女神が 微笑めば

すべての命が 萌え出して

根雪も溶けて 若葉に光り

土に沁みる その時・・・


歓びの涙の ひと雫

小川の様に 流れれば

いつしか海原に 辿り着き

大空に光る 虹となる


私の一番の悲しみは 愛する人と人同士が

時にはいさかい 憎しみ合うこと

どれ程心離れていても

いつかきっと分かち合える

その日が来るまで


悲しいだけでは泣きません

私の涙のひと雫

いつか虹になれと 祈ります

歓びの光 放ちながら


いつか いつか 愛が・・・

あなたの心を 照らす日まで

涙はあたたかく ある様に・・・

| コメント (4) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »