« 信頼を得る行動~論語・現代語抄訳~ | トップページ | 船谷さんとの一年ぶりの再開~日韓の架け橋~ »

2008年1月12日 (土)

柊 ♪  Do As Infinity

今日は、テレビドラマの歌を載せます。

切ない歌ですが、逆境に負けないで立ち向かっていくような元気が勇気が湧いてくるような歌だと思います。大好きな歌のひとつです。。。

恋文 ~私たちが愛した男~(こいぶみ ~わたしたちがあいしたおとこ~)はTBS系列で2003年10月8日~12月10日に放送された連城三紀彦原作のテレビドラマ。

  • 竹原将一:渡部篤郎、春山幹介(少年時代)
  • 竹原郷子:水野美紀 
  • 田島江津子:和久井映見、尾崎千瑛(少女時代)
  • 切ない大人のラブストーリー。

    中学で美術教師をする主人公と雑誌編集者の妻、
    そして白血病で余命半年と宣告された主人公の元恋人の間に揺れ動く、
    微妙な大人の三角関係を切なくそして感情豊かに描き出す、切ない大人のラブストーリー。

    柊   Do As Infinity 

     
                                         作詞 : D・A・I
                                         作曲 : D・A・I

    僕たちはあやまちを犯す
    僕たちはすぐに立ち止まる
    ささいな小石にさえも 躓いて

    誰かの言葉を信じ
    誰かの手の中にいる
    最後は一人なのに

    自分が気付いている弱さ
    自分に耐えられない脆さ
    見えないふりをしたまま 生きてゆく

    どうしようもない苛立ち
    どこも宛てない旅立ち
    くり返して

    長い橋
    引き返す 勇気もなくて
    こぼれてく
    両手から 大切なもの

    舞いだした粉雪は
    積もるのでしょう
    冬を耐え抜いてゆく
    強さが欲しいよ

    君の胸の片隅に
    残したトゲを
    やがて来る春までに
    溶かしてあげたい

    僕たちはあやまちを犯す
    僕たちはすぐに立ち止まる
    全てを受けいれる程 強くない

    氷の欠片を集め
    心の隙間は今も
    埋め尽くせないまま

    はしゃいでた街の沈黙
    果たせない二人の約束
    触れてしまえば消える 雪のよう

    僕が見失ったもの
    君を見失ったこと
    気付かなくて

    柊は
    冬の訪れ 告げる花
    僕たちを
    ただそこで 見下ろしている

    長い孤独な夜に
    つぶされそう
    満たされぬ現実が
    押し寄せてくるよ

    君を守り抜きたい
    この冬から
    やがてつく赤い実を
    二人で待とう

    舞いだした粉雪は
    積もるのでしょう
    冬を耐え抜いてゆく
    強さが欲しいよ

    君の胸の片隅に
    残したトゲを
    やがて来る春までに
    溶かしてあげたい


    « 信頼を得る行動~論語・現代語抄訳~ | トップページ | 船谷さんとの一年ぶりの再開~日韓の架け橋~ »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/260534/9834556

    この記事へのトラックバック一覧です: 柊 ♪  Do As Infinity:

    » 柊 Do As Infinity [do as infinity]
    Bookmarked your post over at Blog Bookmarker.com! [続きを読む]

    受信: 2008年1月19日 (土) 午後 06時58分

    « 信頼を得る行動~論語・現代語抄訳~ | トップページ | 船谷さんとの一年ぶりの再開~日韓の架け橋~ »