« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月30日 (日)

言句集 穏やかに そして また 穏やかに より ⑧

悩みを 逆に 活用すれば

それは 自分の生活を充実させ

喜び 生き甲斐を生む原動力となり

創意工夫による

自己改善のまたとない

         チャンスとなる

苦しみは

人の親切 真心 優しさをしり

感謝の心を知る好機なり

言句集 穏やかに そして また 穏やかに

                    平塩 清種 著

元気のでる詩です。色々の困難に立ち向かい、逆境をもろともしない、自分の境遇や悲しみをチャンスと思いプラス思考で生きていくこと大切だと思う。

自分が苦しいときの人の親切や優しさは、身にしみる・・・感謝の気持ちを決して忘れてはいけない。。そして、感謝の気持ちを行動で実行することが大切だと思う。

| コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月28日 (金)

この1年を振り返って

今年も残すところ、3日となりました。月日が過ぎるのは早いです。30日は、広島も雪が降るとか・・・大寒波が来るのでしょうか。。。

今日が仕事が年内最後でした。。。

この1年を振り返って見たいと思います。

今年の私の中の大きな出来事は、やはり7月に(財)メンタルケア協会が主催した石川県輪島での震災児の子どもたちの心のケア『夢対話』に参加したことでした。また、そこで、仲間と仲良くなれたことでした。

悲しい事もありましたm(_ _)m

鎌田先生の奥様が亡くなられたこと(癌)でした。

この12月24日の新聞で私が学生時代に取り組んでいた交通遺児の活動でお世話になった山本 孝史先生が癌でなくなられたこと。。

あと夢対話で仲良くなれた精神対話士と喧嘩?仲違いになり連絡できなくなって、(お気に入りから消され、ブログにコメントしても消される始末(>_<))感情からとは言え私の送ったメールの言葉に傷ついて・・・(確かに・・・でも私も反省すべきところは反省し、誤りました。ただ、私も何も無いのに一方的に傷つける言葉をいう人間では無いのですがね(>_<))

来年の目標は、人との交流の輪を広げて、精神対話士を自分なりにアピールして行くつもりです。余り大きい事を言ってならなかったら嫌なので、ここでは、いわないですが、働きかけます。

精神対話士の人は、もっと個々に世の中にアピールすべきです。親方日の丸のように(財)メンタルケア協会からの派遣業務を指をくわえて待っているだけではいけないと私はいつも思っています。職場で、地域でアピールすべきなのです。

私は、鎌田先生の奥様の死、山本孝史先生の死、16歳の時に交通事故(ひき逃げ)で亡くなった父の死を無駄にしたくない。

人の死は悲しい・・・身内ならよけいにね。でも、いつまでも悲しんでいられない・・・ましてや、社会人になって親が亡くなっていつまでも思い出に浸り自分だけが不幸に思っている人を見るとため息がでる。。。社会人になって親が亡くなる人は世の中で何千万人といるのです。私の知る友も20代で父を癌で亡くしている。。世の中には何万といる。。。私が、学生時代にあしながおじさんから学んだことは、お父さんの死を乗り越えて、その死を無駄にしないで同じ仲間や境遇が同じような世の中の弱者の気持ちが理解できる優しい心をもった人になること。感謝の気持ちを持つこと。

昨年、精神対話士に合格して縁を感じたのです。まだまだ、精神対話士になったばかりですが、やっと、あしながおじさんに恩返しができると。。。こんどは、精神対話士として、交通遺児や震災遺児、癌、病気・・・その他の理由で心の寂しい人達の為に活動ができると、いや、しないといけないと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

私が過ごしたクリスマスイヴ

遅くなりましたm(_ _)m私が過ごしたクリスマスイヴを記載してみます。。。

さあ、昨日の朝刊を見て・・・まず、悲しかった・・・新聞の一面に私が学生時代にお世話になった先生が亡くなられたことが新聞に出ていた。先生のお名前は、山本 孝史。

今も忘れもしない。私が、交通遺児育英会奨学金の試験を受けに東京へ行き、2日目の面接試験の際の担当の先生でした。部屋に入って座るなり言われたことは、1日目の筆記試験の結果が出ていて・・・「良い成績だよ。。。どうして、今の大学に入ったの・・・」と聞かれ、点数と(忘れた)順位(約100人いて11番だった)自分でも驚いた。。。

その他でも、お世話になった先生です。この先生にお世話になった交通遺児の学生は多い。。。立派な先生でした。先生が、政治の世界に入られた事は新聞、テレビで知っていた。私達の交通遺児にとって同じ仲間や先生方が世の中で活躍している事は、誇りであり、エネルギーの源となっている。昨年から広島県警察本部長になっておられる飯島 久司さんも就任当時、新聞での挨拶で本部長自身、交通遺児であることをいわれ、交通事故の悲惨さを体験を通して話しておられる。)

山本先生は、昨年国会開催中に自身が癌になっていることを告白され、癌対策基本法や自殺対策基本法の成立に尽力された。

先月、私を息子のように可愛がってくださっている先生の奥様も癌で亡くなられた。今は、先生のメンタルケアに努めている。

これは、何にか縁を感じるのです。ほっとけない。また、心の中で、熱いものが込み上げてくる私がいる。。。私は、精神対話士。何とか、癌で家族を亡くした人達の心のケアや癌で苦しむ人達のメンタルケアに積極的に働きかけて行きたい。みんなの思いを無駄にしたくない。決して無駄にしたくない。。。

夕方から、先生と食事会に行った所です。

Dscn0666

ここのキムチは美味しい(^o^)

手作りで、全国に発送されている。以前、テレビに出て大変忙しくなり・・・困ったそうです。旦那様一人が作られているから間に合わなくなるのです。。。

Dscn1652 私達をお出迎え。。。

この日も韓国の家庭料理です。勿論、キムチもあります。15人くらい集まりました。。。

Dscn1653  たくさんのおかずです。

チヂミがあります。

サラザもたくさん。。。

Dscn1654

Dscn1656

Dscn1658

食事の後はケーキとコーヒーを頂きました。頂きながら一人ずつ自己紹介です。。。

私は、精神対話士の活動などについて熱く話しました。。。

その後は、教会へ皆さんと教会へ行きました。

Dscn1659

Dscn1731

Dscn1661

Dscn1675

キャンドルサービス。。。神秘の世界です(*^_^*)

Dscn1677 賛美歌を歌っています。

Dscn1670 牧師のお話です。

Dscn1678

Dscn1683_2

クリスマスイヴに教会で過ごしたのは生まれて初めての事でした。良い一日だったと感謝いたします。

今朝は、山本 孝史先生の亡くなられた事を新聞でしり、たまたま、教会へ行くことにしていたので・・・良いお祈りができたです。偶然の出来事です。山本先生のご冥福をお祈りすると共に先生の志を無駄にしないよう励んでいきます。温かく見守っていてくださいませ。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月23日 (日)

広島の街イルミネーション

今日は、職場の先輩と2人で広島の街に出かけました。。。

駅に着いたら・・・京都の観光案内や京都の名産が販売されているコーナーがありました。。。(^o^)不思議ねぇ~11月24日の大阪での精神対話士の研修の次の日に京都に観光に行ってから京都に縁があります。。。そう思うのは私だけ(*^_^*)

Dscn1598

チンチン電車で街へ

Dscn1599

アーケードを通って、本屋さんやあとウロウロ街を歩きました。

Dscn1600

Dscn1602

お茶して、外に出るともうまっ暗に。。。。

人が沢山です。。。

Dscn1605

Dscn1610

イルミネーションを見に行く人がたくさんいました。。。

行列です。。。

画像をお楽しみくださいませ(^o^)

Dscn1608

Dscn1618

Dscn1620

Dscn1622

Dscn1625

Dscn1634

Dscn1631 

Dscn1636

お腹が空きました。。。九州・熊本の味千ラーメンを食べて、帰路につきました。。。

Dscn1644

餃子もニラがたくさん入ってておいしい~

8個あって、写真を写す前に先輩が食べてしまった。。。

Dscn1643

明日は、クリスマスイヴです。。。みんな楽しい一日でありますように(^o^)

私は、鎌田先生と夕方からお食事会に出かけ・・・夜は教会で過ごします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月22日 (土)

犬と私の10の約束

Dscn1591

前に素敵な本を見つけました。

本を買ってまだ読んでないのですがm(_ _)m

① 私と気長につきあってください

② 私を信じてください。 それだけで私は幸せです

③ 私にも心があることを忘れないでください

④ 言うことをきかないときは理由があります

⑤ 私にたくさん話しかけてください。

  人の言葉は話せないけど、わかっています

⑥ 私をたたかないで、本気になったら

   私の方が強いことを忘れないで

⑦ 私が年を取っても仲良くしてください

⑧ 私は十年くらいしか生きられません

⑨ あなたには学校もあるし友達もいます

  でも私にはあなたしかいません

⑩ 私が死ぬとき、お願いします。そばにいてください。

  どうか覚えていてください。

  私がずっとあなたを愛していたことを。 

Dscn1597

この10の約束に感動して思わず本を買ってしまった。。。人も、動物も同じだと。。。

Dscn1592

Dscn1593

Dscn1594

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月18日 (火)

言句集 穏やかに そして また 穏やかに より ⑦

理論 理屈が先走り

実行のともなわない人がいる

事は行わなければ

        結果が出ない

ダイヤモンドも

拾わなければ

    ただの石

言句集 穏やかに そして また 穏やかに

                    平塩 清種 著

本当です。今は、福祉の世界に入っていますが本当にそう思います。

以前に述べましたが、資格試験に合格するのと仕事ができるのは別物だと思います。世の中で通用しない人がたくさんいるように感じています。

福祉分野の職員がみんな人の痛みがわかるか?というとそうでも無いように思うのです。

では、あなたは通用するのか?聞かれますと私もまだまだ、勉強不足で日々、お年寄りから人生について学ばせて頂いている所です。

施設のお年寄りにこれらの詩を見せますと大変喜ばれます(^o^)。私は、リハビリ助手として施設で働いています。精神対話士として、雇って頂いているわけではありません。他の職員でお年寄りが真に喜ぶ詩や話をしている人をみたことがありません。それが、私には信じられない。。。。解らない・・・理解できない。他の職員からすると、私のように対話をしたり、手や足をさすっているのが変なのです。

先日、私がホットパックを用意し、そのお年寄りの手をさすってあげながら対話をしていると、ある看護師さんが、「けいさん、お年寄りの手ばっかり触っとらんと この人を見てあげて!」なのです。。。どれだけ、タッチングがお年寄りが喜び対話が大切であるかなかなか理解してもらえないのです。。。。と言うか、この看護師さんは、わかってないのだと思う。。。。悲しいかな。。。

昨日も、ある入所者が私に話してくださいます。「寝ている時に自分自身の生きてきた人生について考えることがある。私の人生は何だったのか?もう、90歳を超えているのでいつお迎えが来てもおかしくない。今日、生きていたことに感謝し仏様に手を合わせ、一日が終わると、またお迎えが近づいたと思う・・・色々の事が頭の中で思い出るされる。。。年を取ると寂しい。。。あなたは、一生懸命に私達の自分史を聴いてくれる。それが嬉しい。他の職員の人でそのような人はいない。手や足をさすってくれて、部屋にまで顔を見に来て話をしてくれる。。。あなたの姿をみなかったら寂しいよ。いつまでも元気でいてね。頼みますよ。。。」と言ってくださる。

私は、医療・福祉の学校に進んだわけではない。手や足をさすった方が良いとか大学で学んだわけでもない。ただ、小さいときに自分自身の病気ばかりしてきた経験や自分自身が交通遺児になったりして学生時代に交通遺児の活動をやって来た体験から、少しだけ同じ境遇の仲間や世の中の弱者の気持ちがわかるつもりではあります。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月17日 (月)

京都から帰りました(^o^)今朝の続きです。。。

今朝の続きです。。。南禅寺から。。。。南禅寺の館長と先輩のお母様は学生時代の同級生でお友達だそうです。。。すっ・・・凄い。

Dscn1529_3

Dscn1530_2

南禅寺を13時過ぎに出てタクシーでピアノの演奏会場に行きました。運転手さんが親切な方で良かったです。演奏会の場所は、青山音楽記念館でありました。2980円で南禅寺から会場まで。とにかく、裏道の車がなるべく混まない所を通ってくださいました。地下鉄ですと、乗り換えもあり、駅から歩かなくてはならず大変です。。。

Dscn1498_2

コンサート会場で、先輩のお父様とお母様と合流しました。沢山の人でした。200人の人が聴きにこられてました。先輩のいとこになられるそうです。。。約2時間ありました。

終わってから京都駅に向かいました。。。。

Dscn1543

京都駅の新幹線口で軽くお茶を4人でしました。。。

その後、先輩と2人りで駅を少し見て回りました。(先輩のご両親は、先に新幹線乗り場へ。。。)

Dscn1540

たくさんのケーキです。。。

Dscn1541

Dscn1545

いちごいちご・・・いちご・・・いちご・・・いちごです

Dscn1544

うろうろするのも疲れるから・・・お茶にします。。。。

Dscn1546

本家 西尾 八ッ橋 

です。ここが良いとタクシーの運転手さんに聴いてまして、八ッ橋をここで買い。お茶もしました(^o^)

Dscn1551

私が食べたのは、右側のマロンパフェ、職場の先輩は八つ橋パフェです。。

Dscn1547

甘いもの好きの私にはたまりません。。。美味しいです(*^_^*)

Dscn1549

それを食べて新幹線乗り場へ。。。もちろん、職場と鎌田先生へのお土産もかいました。

広島に着いて、鎌田先生に電話しました。

先生 無事に帰ったか?楽しかったか。。。

私   はい。楽しかったです。

先生  けいちゃんがおらんと寂しい。。。精神対話士の心のケア・・・メンタルケアを頼むぞ(^o^)。。。。

先生  明日も朝7時30分に起こしてくれ

私   はい。わかりました。。。

Dscn1556

先生と職場に買った八つ橋です。とても美味しかったです。

操業元禄2年(1689年)と京都で一番古い八つ橋やさんだそうです。。。

以上で報告を終わります。。。今週から忙しいよ~。

病院のデイケアでクリスマス会があり。。。21日は病院と施設での合同の忘年会。。。25日は施設でのクリスマス会。。。。年賀を作らんと・・・・。

| コメント (0) | トラックバック (0)

京都から帰りました(^o^)

京都から、昨夜の10時少し過ぎに帰ってきました。。。

おっと、今日は大河ドラマ、風林火山の最終回でした。BS1で見なくては・・・・。

はい、本題に戻ります。。。。

まず、今日は、職場の先輩とそのお父様、お母様(福岡博多から新幹線で。。。福山駅で合流)私の4人でピアノの演奏を聴きに京都へ行きました。

京都には、10時45分頃に到着。。。時間があるので、(始まるのは午後3時からです)

Dscn1505

先輩と私は南禅寺に行きました。、先輩のご両親は、お父様の教え子に会いに行かれ別行動です。会場で会うことに。

日曜日で、街は混んでいましたm(_ _)m

まず、お腹をいっぱいにしなくては(*^_^*)京都名物 総本家ゆどうふ 奥丹 南禅寺店に行きました。。。人がたくさんです~。。

Dscn1507

Dscn1508

Dscn1509

しばらくして、2階の方へ案内されました。。。。メニューは1つです。お一人様3150円

Dscn1521

Dscn1553

Dscn1555

Dscn1511

ごま豆腐。とろろ芋

Dscn1513

お店の人が湯豆腐の食べ方の見本を作ってくれています。

Dscn1514

Dscn1515

Dscn1518 これで、全てのメニューがそろいました(*^_^*)

タクシーの運転手のお話です。

ここの豆腐は、奥丹で作られているそうです。でも、他のお店は、豆腐屋さんから仕入れたものを買ってきて使っているとのことでした。だから、奥丹が良いそいです。

Dscn1523

食べたあとは、観光です。

三門です。のぼりました。

石川五右衛門の「絶景かな」を体験!

Dscn1524_2

Dscn1525 

三門からの風景です。。。

Dscn1526

Dscn1527

Dscn1528

凄い、急な階段でした。

Dscn1529

南禅寺の写真を楽しみくださいませ。。。

Dscn1531

CMでもおなじみの水路閣

Dscn1532 誰かわからなかったm(_ _)m

撮影が行われていた!人がたくさん。。ラッキー(*^_^*)

この俳優と女優さんは誰かなぁ。。。

Dscn1534

Dscn1533

Dscn1536

Dscn1537

Dscn1539

つづきは夜に書きます。仕事に行きます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

京都におでかけ

今から、京都へ行ってきます。。。。

ピアノリサイタルがあります。

場所などは、写真の通りです。時間があるので、南禅寺に行ってきます。

詳しくは、戻ってから。。。

Dscn1498_2 

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

昨日は、待ちに待ったボーナス日でした(^o^)

でた~・・・何が出た?冬のボーナス

今日の夕食は、先生とです。日頃は、いつも出して頂いているので、今日だけは、先生のも出しました(*^_^*)先生、今日は、遠慮しないで食べて食べて(*^_^*)

この街にある国民宿舎へ食事に行きました。。。広島大学の近くです。穴場と思う。夜は、刺身定食(1200円だったと思う)と天ぷら定食(1050円)と値段も安い(ご飯と漬け物、みそ汁、デザート、ケーキ食べ放題(*^_^*))

Dscn1497

日頃、食べる量の少ない先生も豚汁とご飯をおかわりされていた。。。嬉しい(*^_^*)

Dscn1496

写ってないのですが、左の方には、果物がありました。

ここは、先生に連れられて時々、来ていたのに・・・この26日で国民宿舎が閉鎖になるm(_ _)m

次も、休憩もできてこの位の手頃な食べる所ができたらなぁ~。。。

食事のあとは、アイスクリームを食べに一緒に行きました。

先生 「今日は、ありがとう!おいしかった。明日、雪がふるか?(^o^)」

先生  「けいちゃんが居てくれて嬉しい。。。君が居なかったらわしは、ひとりぼっちでいつも食事をしなくてはいけなかった。。。今日は、息子の命日だった。。。その日にけいちゃんが夕食をご馳走してくれた。。。本当に良い思い出になった。ありがとう。嬉しかった。メンタルケア・・・けいちゃんは、わしのメンタルケアをしてくれてる。ありがとう・・・いつまでも元気におってくれよ!」

私 「はい。先生もいつまでも元気でいてくださいね。私も先生と出会えて嬉しいのです。色々な事を聴いてもらえて、教えて頂けて嬉しいのですよ。」

先生 「本当、もう家族だ・・・けいちゃんは、家族見たいなものだ(^o^)」

ありがとう先生!嬉しいです(*^_^*)

| コメント (2) | トラックバック (1)

2007年12月13日 (木)

ともだち

今日は、職場の先輩と夜は食事でした。。。

私より年上の先輩です。3歳の時に風邪が原因で、喋れなくなり、耳が聞こえなくなられたそうです。

でも、すごいのです!車の運転は上手です。機械に強く。パソコンも得意です。音楽もされます。スポーツもされテニスは、教えておられます。。。3年前に、私が今の職場に就職して、その夏くらいから本当に仲良しになりました。

私は、手話ができないので筆談です。先輩も筆談したり、手話や私の唇の動きで話がわかります。

人の縁はすごいです。先輩のお父様もお母様も凄い人で。。。お父様は、某大学の学長をされ副理事長もされ、お母様も色々な活動をされていて。。。

だから、先輩のお友達もすごくて、驚くばかりでして。。。また、威張ってないから、後からだんだんとわかって来て。。。驚くばかりでした。。。。

わたしは、幸せ者だとつくづく思うのです。。。。私は、たいした人間では無いのです。

人に恵まれ助けられて来てます。縁は、本当に不思議です。

元国立病院長 鎌田先生も、この先輩も、洋画家の前田先生も。。。。ありがたいことです。

大学の就職活動の時、学校推薦で大手企業を受けさせてもらう事になり、「誰か、知り合いとかコネは無い?」と母に聞いた事があったです。

母は、「うちは、お父さんが早く亡くなったからそんなのない。。。悔しいねぇ。。。いい、あなたが大きくなって偉い人になりなさい。そう言う人達と知り合えるような人間になりなさい。親から受け継いだ友達やコネではなくて、親から受け継いだ友達は、早く無(亡)くなる。でも、あなたが自分で築いた友達はすぐには亡くならないでしょう」と。

大手は結局だめでした。。。学校推薦のもらえなかった同じ学校の人は個人で受け、合格しました。その人のお父様は、立派な官僚でした。。。今、その人がどういう人生を歩んでいるかわかりません。私は、それなりの企業も内定を頂きましたが(これでも、お茶の伊藤園とその他の燃料商社内定を頂いたの。)公務員に運良く合格し勤め、3年前からは、縁あって福祉の世界へ。。。。そこから、素晴らしい人達と出会い。。今があります。。。

昨年は、精神対話士に合格。。。前田先生が、私が厄年なので、「長いものを持っていなさい」と手作りの筆箱を送ってくれたり、絵を描いてくださったり。。。ありがたいことです。今年で後厄も終わりです。。。

ともだち(ひと)は、財産であり、宝物だと思います。男女は関係無いです。

職業も関係ないです。

縁は不思議で、大切にしたいです。。。。

さあ、夜に食べたご飯です。

Dscn1488

生ハムとトマトのサラダ(琥珀ゼリー添え)

美味しかった~。

Dscn1489

鍋焼きうどん。

Dscn1495

今日のデザート。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

言句集 穏やかに そして また 穏やかに より ⑥

悲観にくれている者に

    思いやりをかけるのは簡単だ

ただ

己が苦しみ 悲しんでいる時に

人に思いやりを

かけられるかどうかが問題だ

言句集 穏やかに そして また 穏やかに

                    平塩 清種 著

言われる通りだと・・・自分自身への戒めです。

普通の状態で、心に余裕がある時には人は人に優しくできると思いますが、自分自身が苦しみ、悲しい状態で、人の心配どころではない時に、はたして心を病んでいる人や心悲しい人達に寄り添い、思いやりの心をさしのべれるだろうか・・・

精神対話士は、喪失体験をした人や心に寂しさなどを負った人達の心に寄り添いながら対話をし元気になってもらうのが役目。精神対話士は、自分が悲しい時、苦しい時でも人に思いやりをかけれる人でなくてはいけないと思う。

う~ん、私は・・・?はっきりいって、あまり自信がないm(_ _)mたぶん心の中では、対話しながら、「私も自分の事で今は苦しいのだ」と思ってると思う。。。

自分が苦しい時に、自分の事よりも相手の事を心配できる。。。素晴らしいです。

その様な人になれるようにしたいです。

そのためには、日頃からの人を思う気持ちを高め、自分自身が大変な時の心をケアしてくれる友でも何でも良いので、発散できるものを持っておく必要があるように思う。

| コメント (2) | トラックバック (0)

一足早いクリスマス

昨日は、日曜日。。。。外は寒いので家で静かにしていると、先生から電話がかかり

「今、家ですか?今から家に迎えに行くから、この町の教会の人達が集まってのクリスマスがあるから一緒に行こう。みんなが歌を歌うらしい」

何もすることも無い私は、先生と一緒に見に行くことに。。。。

第11回東広島市民クリスマスがあり、賛美歌などを聴いてきました。

Dscn1469

Dscn1483

プログラムです。

Dscn1485

この町の10の教会の人達が集まっての合同聖歌隊です(^o^)

すご~い。美しい声で歌を歌ってくださいました。

Dscn1468

Dscn1470

Dscn1486

会場に来られたお客様も一緒に歌います♪

Dscn1474

聖歌隊の次は、デュオ三木ご夫妻の演奏です。これがまたすばらしい!Dscn1487

旦那様がピアノを弾いて、奥様がヴァイオリンを弾かれました。

演奏の合間には夫婦の楽しいトークもあり、会場を和ませてくれました。Dscn1475

聴いたことのある懐かしい日本の唱歌やクリスマスにちなんだ外国のクラッシック曲、賛美を演奏されました。

Dscn1476

Dscn1480

おもわぬ、一足早いクリスマスプレゼントを頂きました♪

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

ある入所の家族からの手紙①

今日、紹介するお手紙は私が勤めている施設のある家族の娘様からのお手紙です。昨年に頂いたお手紙です。

認知症棟の家族からのお手紙です。

色々と整理していましたら、手紙が出てきました。その中の一部です。

Dscn1461

私は、精神対話士としては施設で働いておりませんが、その精神でいつも施設の入所者に接しています。精神対話士でなくても私は、このように一人一人の入所者に接しているつもりです。また、知らず知らずのうちにいつのまにか家族の喜びにもつながっていることに気づいてきました。

この手紙を読まれる人達はどのように感じられるかは分からないですが、私にとっては、本当に嬉しい手紙であり、宝物のようなお手紙です。

精神対話士は、心を病んでいる本人だけでなくて、その家族のメンタルケアも一緒にしていると思います。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

ふれあい

今年も残すところあと今月のみとなりました。

月日が過ぎるのは、本当に早いです。

今年も色々のことがありました。 今、勤めている施設でもたくさんの人との別れがありました。。。老人保健施設は社会復帰がうたわれていますが、そんな事は無理に等しい。。。何でそのような期待をもたせるような事を言ってるのでしょう?わからないm(_ _)m入所者の中には訓練をしたら、以前の元気な時と同じように何も無しに歩けて、走れるようになると思っておられるお年寄りもいます。元気に家に帰れると思う人もいます。。。その反面、家の若い人達の為、自分が家に帰れないこと、迷惑になると言われる人も多くあります。

今年もたくさんの人との別れがありました。。。沢山の対話をしました。喜んでくださいました。「あなたと話してたら元気になる。。。ありがとう」

その言葉が私のエネルギーの源となる。。。

以前、ブログでのせた歌を再び載せます。何か悲しいことがあると思い出します。

「われら青春!」1974年4月~9月、日本テレビ系列で放送されたドラマで、

「ふれあい」はこのドラマの挿入歌です。

また、中村雅俊のデビュー曲です。

ふれあい 作詞:山川啓介 歌:中村雅俊

     クリックして、しばらくすると歌が流れます。        

  悲しみに 出会うたび
  あの人を 思い出す
  こんな時 そばにいて
  肩を抱いて欲しいと
  なぐさめも 涙もいらないさ
  ぬくもりが ほしいだけ
  ひとはみな 一人では
  生きてゆけない ものだから

  空しさに 悩む日は
  あの人を 誘いたい
  ひとことも 語らずに
  同じ歌 歌おうと
  何気ない 心のふれあいが
  幸せを 連れてくる
  ひとはみな 一人では
  生きてゆけない ものだから

  何気ない 心のふれあいが
  幸せを 連れてくる
  ひとはみな 一人では
  生きてゆけない ものだから

  生きてゆけない ものだから

ひとは 誰も多くの人に支えられ生きている・・・どんな時も感謝と夢と希望を持って生きる必要があると思います。

そして、多くのひとから頂いた無償の愛に対しては、今度は、愛を必要としている

次の人に渡して行かないといけないと感じるのです。

喪失体験や心の寂しい人に

特別なことをする必要はないのです・・・ただ、そのひとの そばにいて

寄り添って共に同じ空間で心の痛みを・・・だけでよいのです

これこそ、精神対話士の「こころ の ケア」だと思います。

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月 3日 (月)

自分の「枠」を自分で出てみること~月刊デイ1月号より~

今日は、月刊デイ1月号に良い記事が出ていたので、抜粋して紹介します。

私生活以外の部分、例えば仕事などでもそうですが「今までやったことのないことだからやめておこう」「誰もやったことのないことだからできるはずがない」と、自分自身でを狭めてしまうことは本当にもったいないことだと思います。自分が「できない」と思った時点で、可能性を捨てているようなものだと思うのです。

よく「実現したければ、まず口に出してみること」と言われますが、言葉にすることによって、そして人に宣言することによって「自分がそれに近づこう」という気持ちや考えになります。

      心を元気にする 魔法のエッセイ より  山下 雅世

そうですよね。新しいことに取り組む時、勇気がいります。恐いです。過去に例がないから・・・・でも、勇気を持って挑戦することで自分自身、何かが変わるのだと思うのです。。。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

愛はかげろう ~雅夢~

良い曲でなつかしくて、乗せました。。。歌えないですが大好きな歌です。

愛はかげろう」  (クリックすると曲となつかしい画像が流れます)

作詞、作曲/三浦和人  歌/雅夢

 窓ガラス 流れ落ちてゆく雨を
   細い指先で なぞってみる

   くもりとかして すべる指先に
   伝わる冷たさ 心にしみる

愛はかげろう つかの間の命
   激しいまでに 燃やし続けて

   別れはいつも 背中あわせに
   人の心を ゆらして

別れ言葉を 口にする貴方は
   いつもとちがって やさしすぎた

   はき出すタバコの 煙の影が
   教えてくれた 偽り言葉と
   あつく いだかれた日々を
   倖せと言えば かなしい

愛はかげろう さめきった愛の
   過ぎ去る後に 残るものは

   いつも女の 乾いた涙
   さまよい歩く 迷い子

雅夢は、中京大学(当時) の三浦和人、中川敏一の男性デュオで、この「愛はかげろう」は、1980年(昭和55年)第19回ヤマハポピュラーソングコンテスト(ポプコン)、優秀曲賞を獲得しました。

「愛はかげろう」の「かげろう」とは、「はかないもののたとえ」の意味ですね。漢字ですが、蜻蛉には「はかないもののたとえに用いる。」の意味があり、陽炎にも「はかないもの、ほのかなもの、あるかなきかに見えるもの、などを形容するのにも用いる。」(広辞苑参照)の意味。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

何かをしよう~坂村 真民~の詩を読んだある入所者の思い

 先日、私の勤めている施設で入所のお年寄りに次の詩を読んで頂くと次のような感想を紙に書いてくださったので紹介します。(以前この詩はブログの中で紹介したことがあります。)この方は85歳で認知症の棟にいらっしゃる女性です。

  「何かをしよう」

     何かをしよう

    みんなの人のためになる

    何かをしよう

    よく考えたら自分の体に合った

    何かがあるはずだ

    弱い人は弱いなりに  

    老いた人は老いた人なりに

    何かがあるはずだ

    生かされて生きている御恩がえしに

     小さいことでもいい

     自分にできるものをさがして

     何かをしよう

     一年草でも

     あんなに美しい花をつけて

     終わってゆくではないか

       詩人 坂村 真民

Dscn1460

見えますでしょうか?いくつになっても、感謝の気持ちと一生懸命に生きようとする姿勢が伺えます。私も日々の入所者とのかかわり、対話の中で多くのことを学ばせて頂いています。

私は、精神対話士としては勤めているわけではないのですが、皆さんが喜びそうな詩や言葉などを提供し色々と対話につなげたりしています。そして、少しでもお年寄りのみなさんが元気になったり勇気をもってくれたり嬉しい気持ちになることを私は私の喜びと思っています。

今の間にたくさんの入所の人達と対話をつづっておきたいと思いました。みんなが一生懸命に生きたあかしなんです。決して無駄にはしたくないです。

   ~ 詩を読まれての想い ~

85才のおびただしい人生を、今 終へようと言う時季

が目の前に訪れている。

何をしようかと言う問いに関しては、

暫く、じっと考えてみたが、なかなかその問いに関しては

こたえられない。私の至らない心境を悲しく思う。

85年の余りに無意味な人生をふりかえって見て

至らなかった私を反省するのみの一語につきる。

でも、ここまで歩んできた人生は、再び後かえりすることはできない。

後かえりすることのできない今日の一日一日を、今からでも全力を

つくして全うして、残り少ない日々を生きぬいていきたいと思う。

かしこく、美しく人間の道を、私なりに生きぬきたいと思う。

私を生んで育ててくれたお母さん、ありがとう。

今年のよき年よ さようなら

   平成19年11月29日(木)

          

Dscn1453

勤めている施設の中庭で写しました。入所の皆さんの心を和ませてくれます。

紅葉がとても綺麗です。

Dscn1455

Dscn1457 

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »